第10頁「ゲームソフト」

 これは自分が小学生の頃にあった不思議な話だ。


 1990年11月、スーフ×ミが発売された。

 ゲーム好きの俺は、さすがに発売日には買えなかったがでスーフ×ミ本体とカセット1つを買った。

 それからは、冬休みが明けた後も友達を俺んちに呼んでみんなでゲームをした。


 そんなある日、土曜日に友達が帰った後、俺のカセットが無くなっていた。


 


 友達を疑いたくはなかったが、それは明らかな事実だった。

 俺はでの話を親にしたくなかったが、土曜日なのに夜にゲームをことが親に不信に思われ、結局は話さざる得なくなり、は直ぐに親同士で拡まった。

 それから1時間もしないうちにが見つかり、その日の午後9時頃に親と共に謝りに来た。

 友達がをしたのが信じられなくてショックだった。

 その年の春休み前にその友達は親の都合で転校してしまった。


 そして、新年度になってから一人の友達が俺に謝ってきた。


「カセット盗んでごめん。返す。本当にごめん。」


 俺は意味がわからなかったが、そいつから返してこないと親に怒られるからと言われて、受けとるしかなかった。


 そんなわけで、今でも俺んちには同じカセットが二個ある。

 当時の友達とは今では連絡もとれず、あの時の真相を知ることは出来ないが、俺には、どちらかが嘘を言っているとも思えない。

 何故なら、帰ってきたときのゲームのがどちらとも全く同じだったからだ。













  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます