第9頁「心霊写真」

 俺はと言った類いのをしている人間は一切信じない。

 その理由を今から話す。


 俺がまだ二十代前半の頃、仲間内なかまうちで頻繁に心霊スポットに行っていた。

 怖いもの見たさもあったが、端から信じていなかったからだ。

 しかし、その内の一つにがあった。

 詳しくは言えないが、に行ったときのことだ。

 廃墟の近くにはがあり、持っていった使い捨てカメラのフィルムには廃墟で撮ったがあったので、そこでも写真を撮った。

 そして、現像した写真には明らかにとわかるがあった。


 廃墟では何もなかったが、社の前で撮影者以外の全員で撮った写真が異常だった。

 写真には十数個の光の玉が写り込んでいて、が見ると明らかに異常だった。


 写真をテレビのと書いて送ったところ、採用され放送もされた。

 その写真は、社の前でが横並びになっている写真だった。

 出ていた霊能者は、写真を見るなり九人の男性の周りに無数の光があると話したので、俺は人間は信じなくなった。

 その後、その写真を撮ったことによるものとことが出来る様なことがいくつか起きた。


 最後に事実をありのままに書く。

 信じなくて構わない。

 その写真を撮った日、俺達はしかいなかった。

 のはだった。

 写真に写った俺達のは一度も見たことのない連中だった。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます