第8頁「心霊好きな女」

 俺の友人にどう考えても趣味を持つ女がいる。

 その趣味とは、心霊スポットにことだ。


 昨日、彼女が先月末に福岡県のに行ってきたと俺に話をしてきた。

 そこはではかなり有名で、行ったら事故に遭うとか死ぬとか言われてる場所らしい。


 彼女の話の内容はだ。


 いつも通り寝袋で泊まろうとしたが、そこにはがいて、その人達はトンネルの中間辺りで火を焚きながら騒いでいた。

 せっかく来たのに、その人達のせいで興醒めだったが、やがも静かになり、火が消えると静寂が訪れ、そのまま寝てしまった。

 翌朝起きると、その人達の姿はなく、何もなかったことをながら帰宅し、シャワーを浴びようと服を脱ごうとしてやっとに気がついた。


 着ていた衣服がで真っ黒になっていた。


 ここまでが彼女のした話だ。


 そんな汚れていれば家に着く前に気付くだろうと俺が指摘したら、と言われた。

 そしてその後、彼女は笑いながらこう言った。


「そう言えば、私が起きた時にはもういませんでしたけど、私が入口に寝ていたのにどうやって私にバレずに帰ったんですかね?、もう使われてなくて出口は埋められちゃってるんで、帰るときに私の横を通るハズなんですけどね。それと、を消した後、真っ暗な中でどうやって過ごしてたんですかね?ははは。」


 心から疑問視している女を見て、この女は凄いと思った。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます