第47話 袂を分かつ

 適性の問題から魔法使いへの道を断念したクロエだったが、召喚師としての暮らしは楽しめているようだ。


「精霊さん。お掃除を手伝ってくださいな」


 彼女はぬいぐるみを両手で包み込むと、ささやかな魔力を込めた。そうして誕生したのは、もっちりと動き回る布製のウサギ。これはいつだったか、ゲーセンの景品として持ち帰ったものだが、元ネタすら知らないキャラクターだ。女の子へのプレゼントに良さそうと思って幾数年。誰の手にも渡ること無く、異世界に来る事でようやく陽の目を浴びる事ができた。


「楽しそうだな、クロエ」


「そう見えます?」


「だって鼻歌混じりだし、ステップも軽やかだし」


「えへへ。だって、教えてもらった術で可愛い子を呼べるんですもん」


「まぁ、愛玩動物みたいな感じかもな」


 今回クロエが呼び出した精霊は人畜無害だった。かと言って有能でもなく、フローリングを滑ってはズベシと壁に激突するなどして、特に掃除の役には立たなかった。だがクロエは愛らしさに夢中らしく、慈愛の視線を向けている。オレはその優しさに夢中になり、似たような視線をクロエに向けている。


「良いな、賑やかで」


 不意にそんな言葉が漏れた。2人で肩を並べて拭き掃除。他愛のない雑談、そして駆け回る小動物。壁に張り付いて監視する少女……はちょっと違和感あるものの、概ねが理想通りの暮らしと言って過言じゃなかった。


「ありがとうクロエ。君のおかげだ」


「急にどうしたんです?」


「オレさ、ここに来る前は結構寂しい生活を送ってたんだ。朝から晩まで働いて、一人でひっそり飯食って寝起きして、そんな毎日でさ。今は1日1日が楽しくて仕方がないよ」


「ミーンミンミン」


「私だってシンペイ様と出会わなかったら、ずっと野宿生活でしたよ。そもそも魔獣に襲われて大変な目にあってたかも」


「ミーンミンミン、ミーンミンミン!」


「シャーリィ。虫ごっこなら外でやってきなさい」


「ダメです。なんか良い雰囲気になってたんで、阻止するんです」


「これさえ無けりゃ満点なんだがなぁ」


 やはり物事は完璧には運ばんらしい。何かをクリアすれば、別の何かが問題になるというか。世界の条理に意思があるとすれば、人間を満足させない力を働かせてたり。


 そんなガラにもなく小難しい事を浮かべていると、突如、室内に警告音が鳴り響いた。


「ピーヨピヨ。ピーヨピヨピヨ」


「やばい、騎士団が来るぞ!」


 急いで窓を施錠し、カーテンも閉じる。室内のクロエとシャーリィはどちらも見つかれば大事(おおごと)になってしまう存在だ。人目に、特に騎士団連中の眼に晒す訳にはいかない。


「やって来たのは……誰かと思えば」


 ベランダに立って見据えた街道には、割と大仰しい一団の姿が見えた。中央にただずむ巨大な4頭立ての馬車は豪華絢爛(ごうかけんらん)な外装で、山道に全く向いてない仕様だ。その前後を守る騎士団の数も多く、100人近くは居そうだ。


 そんな集団から進んで歩みだしたのは、いつぞや世話になったアーセルだった。


「聞け、魔術師よ。今日は貴様に恐れ多くも公爵閣下が……」


 やつの足が敷地に踏み込んだ時、アドミーナがいつもの調子で告げた。


「たった今、ゴミ虫が進入しました。抹殺してもよろしいでしょうか」


「うん。良いよ」


「では焼却します」


 正面玄関から放たれたのは一筋の光。魔獣さえも一瞬で焼き焦がす光線なのだが、それは反射的に避けられた感じで、空だけを裂いた。成果といえば、アーセルの後ろ毛を軽く燃やした程度。勘の鋭い奴め。


「貴様ァ! 話を最後まで聞かんか、この愚か者め!」


「うっせぇぞボケ。オレはてめぇと仲良くお喋りするような間柄か、オイ?」


「良いから聞け。今は公爵閣下と……」


 その時だ。後方の馬車が開き、若い男が姿を現した。スラリと伸びた足が地面に降りる、ハズだったが、それは供の人間が絨毯を敷く事で回避された。野外で長々と展開された赤絨毯。その光景の異様さもそうだが、野外にも関わらず靴の汚れを嫌う神経が、何よりも強く嫌悪感を誘った。


「口やかましく騒ぐな。耳が汚れる」


「大変申し訳ございません。今すぐにあやつを説き伏せますので」


「退がっておれ、下郎が。子供の遣いすら満足にできぬ無能にこれ以上任せられるか」


 何だか偉そうなヤツが登場した。立ち振る舞いや仕草から、遠目でもいけ好かない人物だということが分かる。傍に居たら悪態のひとつでも投げつけたくなりそうだ。アーセルの野郎を万座で罵倒したのは好ポイントだが、それを差っ引いても悪感情の方が強い。


「魔術師よ。貴様は誰に断ってこのような塔を建てたのだ?」


 男がアゴを反らしながら言った。地上から5階の人間を見下そうとすると、かなり無茶な角度を求められるんだが、アイツは成し遂げた。なんて無駄な技術力だろうか。


「別に許可は得てない。だが前の公爵さんには黙認して貰えたぞ」


「前任のボンクラなど関係ない。今はもう別の時代なのだ」


「ほう。随分な言い草だな」


「些末(さまつ)な話など、今はどうでも良い。本来ならば貴様を反逆分子として始末する所だが、この塔を明け渡すというのなら命だけは助けてやる」


「何言ってんだお前?」


「この慈悲が分からんか。私がその気になれば、万余の軍が動く……」


 その時、男が敷地に足を踏み入れた。そこで聞こえたのは、やはりというかアドミーナの声だった。


「たった今、ゴミカス野郎が進入しました。抹殺してもよろしいでしょうか」


「うん。良いよ」


「では焼却します」


 致命の光が男を襲う。だが寸での所でアーセルが身を挺して庇い、男を光から遠ざけた。その代償として、アーセルのケツが燃え始める。


「い……命が要らんようだなッ!」


 男は叫んだかと思うと、アーセルの体を蹴って押しのけ、這う様にして馬車へと駆け込んだ。そして去り際に「この恨みは忘れん」みたいな言葉を残し、一団は去っていった。


「何だったんだ、アイツら」


 よく分からん組み合わせが、よく分からん要求をして、最終的には逃げた。これをどう解釈すれば良いのか分からず、クロエ達に質問されても上手く答えられなかった。


「今のは何だったんですか?」


 などと聞かれても、こっちが知りたいくらいだ。


 それから数日後。明け方という早すぎる時間帯にピーヨピーヨと鳴る。朝っぱらからウルサイなと思っていると、アドミーナの言葉に絶句し、カーテンを開けた。


 窓の向こうには、今にも昇らんとする太陽のもとで、街道を埋め尽くす程の軍勢がひしめき合っていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る