実は、といきなり男の声が聞こえてきた。籠もった声。


「あの子は、先日亡くなっているんですよ」

 その声は、私の耳元で囁かれる。

 深い穴の底から聞こえるような声。


「な、何言ってるんだ⁉︎ 」反射的に私は叫んだ。

「一昨日前の事でした。あなたがあの部屋に来る前に、容態が急変してしまいましてね……。呆気無いものです。亡くなるまで、あなたの名前を呼んでいたそうですねぇ」


 私の耳元で、男の声が囁くように聞こえる。まるで顔がすぐ横にまで迫っているかのように。

「まあ、ここで会えたからいいじゃないですか。会いたかったんでしょ?」

 私はすぐ側の男の顔を見た。


 違う。


 男の瞳が深淵みたいに見えて、その奥から覗いている。

 眼窩だ。眼球が無く、瞳だけが闇の中で小さな光となって、私を見ている気がした。

 頭蓋骨が私を見ている。


「あなたもお疲れ様でした。一生治らない病気を抱えて大変だったでしょう? もう潮時なんです。休んで良いんですよ」


 私は怖くなって取り乱した。

「い、一体何を言ってるんだ、君は! こんな、科学の発達した時代に! 」

「そんなのはね、昔も今も同じなんですよ。科学なんて関係無いんです」

 男は溜息をつき、あの子達が遊んでいる方へ、骨だけの顎をしゃくった。 


……あの子がいない?


 病衣姿のあの子の姿が無くなっていた。いくら砂埃の中でも、遊んでいる子供達の姿くらい分かる。間違いない。

「もう、邪魔だね、これ! 」男の子の声が聞こえた。


 子供達の足元で何かが絡まっている。。

 あの子の病衣だ。病衣が上下一揃い、砂まみれで落ちていた。それが子供達の脚で蹴り出されようとしている。

 その中で蹴り出そうとしていたもの。


 私は見たものを、一瞬疑った。

 

 


 転がって私の元に来た。

 コロコロコロコロ。

 もう無い瞳が覗いた。


 子供達は、石蹴り遊びを辞めた。こっちに近寄って来た。

 にこやかに私に語りかける。

「それ拾ってよ」

「君も遊ぼうよ。一緒に石蹴って遊ぼうよ! 」

 やっぱり瞳はない。代わりに暗い穴が私を見ていた。


 私は、恐ろしくなって叫び声を上げた。声にならない叫び。


 後ろに下がろうとした。動けない。何故だ⁉︎

 子供達が、男が、目の前に迫って来る。

 私はそこで気が遠くなってしまい……目の前が真っ暗になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る