事故物件

ぶいさん

第1話

 私の家にはお化けが出る。見えてるのは私だけで、お父さんもお母さんもお化けのことは見えてないみたいで気味が悪い。夜中になると廊下をギシギシ軋ませて誰かが徘徊してるみたいな音がする。階段の下から上から呻き声が聞こえる。トイレに入ってたらノブをガチャガチャしてくるしお風呂のドアはいつの間にかちょっとだけ開いてる。部屋に閉じこもってお化けにどこか行けって布団をかぶってもなにかが部屋に入ってきて寝てる私の上にのしかかってくる。嫌だ怖いって固く目を閉じる。朝まで目は開けない。明るくなると音が止む。だけど朝もそいつは見えてる。朝はあんまりちょっかいかけてこないけどできれば夜も来ないで欲しい。


 ある日の朝、階段で足を掴まれたから嫌だって振りほどいて、怖かったから走って学校へ行った。

 帰ってきたら、警察が家の周りにいてお父さんが泣いてて「なにがあったの?」って聞いたらお母さんが死んだんだって。階段から落ちたんじゃないかって話だった。誰も家にいなくて仕事から帰ってきたお父さんが見つけたから変死ってことで警察が来たんだって。お母さんもあのお化けに捕まってしまったんだろうか。きっとそうだ。


 次の日から、お化けはいなくなったけど、代わりにお母さんが見えるようになった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

事故物件 ぶいさん @buichi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ