そして、また悩む


 今日も暑い一日になりそうです。おはようございます。しばらく落ち着いていたCOVID–19ですけど、県内で感染者がぞくぞく増加中でして、仕事もどうなっていくことやらの日々になってきました。皆さんの地域ではいかがですか?そういえば、うちの3歳になったばかりの姪っ子は「新型コロナウイルス」のことを「コロリン」と呼びます。いや、多分、言えないんだろうな……。先日も、

「おばちゃん、コロリンだな」とからかうと

「ぶ〜!うさたん、ばちゅ〜、りーたん(自分のこと)がコロリン!」と怒られました。可愛い……。

 

 もう我が子らにこんなかわゆさはありません。毎日のように恋話で持ちきりの我が家。上のお姉ちゃんが連日のように「吹奏楽の〇〇くんが」とか、「クラスの▲▲くんが」とか、キャッキャと話しているのを横目に、下の子は冷たい目で「ラブか、ラブ」とツッコミを入れている姿を見ていると、

「ああ、長女とは、あまり周囲を見ていないマイペースで、浮かれやすく、結構、天然。そして毎日が楽しそう!」そして、

「末っ子は、姉を少し冷めた目で見た現実派。姉のマイペースさに嫌気が差す半面、そんな姉を羨ましく思っている様子」と観察しています。確かに私も長女。昔、父親に「お前は呑気でいいな」と言われたことを思い出しました。姉妹っていろいろ。面白い。


 現在、次の話を手直しをしている最中です。こちらも別サイトに掲載している作品ではあるのですが、なにせ、また手直しが始まるとキリがない。大幅にカットしてみたり、くっつけたり、離したり。そして何よりの悩みは、毎度のことながらタイトル決め。今回は、タイトルも一掃しよう!と思い立ったのが運の尽き。もう、本気でネーミングセンスがないので、タイトルは悩みます。仕事でも事業の名前をつけるのが一番苦手。人に興味を持ってもらえて、それを象徴するようなネーミングって難しいですよね……。ううむ。まだ決まらないタイトル。これが決まらないと掲載ができない。皆さんはどうやってタイトルを決めているのでしょうか?これって、結構、ずっと続く課題ですね……とほほ。








 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る