君のおっぱいになりたい

作者 成井露丸

114

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず一つ言えること。面白い作品であるということ。
紛れもなく非凡な傑作であるということ。それは間違いないのです。

しかしこの言い表せない読後感は何なのでしょう……(いい意味で)

一言で言えば、主人公がヒロインのおっぱいになる話。
なのですが、流麗な文章の中に潜む「おっぱい」という単語。
切ないようで、真面目にやってるのかふざけてるのかわからない感情の機微。

シリアスな笑いというか、いや、笑っちゃってる私がおかしいのか!? みたいな。
レビューを書きたくて仕方がなくなるほどの傑作でありながら、言葉が出てこない。まとまらない!

新しい意味で、心を揺さぶられる傑作です!

★★★ Excellent!!!

残り一ヶ月の寿命となってしまった幼馴染みの恋の為にHカップのおっぱいになってあげる少年の淡くも苦い青春。
めちゃくちゃ良い話で感動しました。感動したんですけど、『Hカップになる』というのが分からない。いや、幼馴染みの願いって事は分かるんですけど分からない。魔法とか超能力的な物なのかすらも分からない。幼馴染みも普通に受け入れちゃうんだそれ。と、少年がどうやってHカップになれたのかは不明なんですが、それは置いといてとても良い青春物でした。
素晴らしい感動作。感動作だけど分からない。おっぱいとは謎だ…

★★★ Excellent!!!

 幼なじみの少女に対して恋心を抱く少年が、彼女の幸せを願っておとなしく身を引くついでに物理的に彼女の胸になるお話。
 青春恋愛劇、あるいは古き良きラブコメといった趣のお話です。なんでもありの圧倒的強者タイプの主人公が多い昨今、こういう無個性受け身タイプの主人公というのは久々に見たかもしれません……と思ったけどタグにある「BBS」「NTR」ジャンルとしてはむしろ現役なのかも。
 なかなかに絶妙なキャラクター造形だと思います。実際には全然無個性でもないというか、しれっととんでもない異能を発揮しているので。いやなんですかおっぱいになるって。どういうこと?(混乱)
 独特な雰囲気のコメディです。シュールというのか、いろいろぶっ飛んだ設定のお話でした。基本的にはシリアスっぽい感じの場面が続いて、でもそれがどうしようもなくおかしいというか、ヒロインの謎の適応力の高さがじわじわきます。さらにはちょっとネタバレになるのですが、主人公がさくっと元の姿に戻った瞬間もうダメでした。いや戻れたの!? そんな自由自在に!? という、まったく警戒していなかった方向からいきなり飛んできた強烈なフック。なにこれ強い……。
 あとこれはわりと個人的というか本当にどうでもいいことというかむしろ懺悔に近いものがある感想なのですが、一瞬頭の中にドカベンが浮かんできました(すみません)。そこ含め、総じて脳内にほどよく混沌を呼び起こしてくれる作品でした。

★★★ Excellent!!!

凄くいい話なんですよ。切ない。めっちゃ泣ける。
でも君のおっぱいになりたい、これが伏線でもなくだまし討ちでもなく、直球で投げられてくる。

でも、切ない話と、おっぱいになっちゃう主人公が、調和してるんですよ。
びっくりするくらい。

ねえ、何で調和してんの???(褒めてる)
こんな意味不明な小説あります????(褒めてる)