微熱の糸が灼きついてほどけないので

作者 東海林 春山