この懊悩を青春と飾るのならば

作者 べいっち