第4話 夕の朝食

 目が覚めると朝だった。昨日はいつの間にか、寝てしまっていた。あれだけ泣いたのは、久しぶりだったな。


「お、やっと起きたのか」

「うわぁ!? 」


 隣にいたのに気が付かなかった。というか、いつからそこに…。驚いた私を見て、蛍様はお腹を抱えて笑う。


「あっはははっ。そんなに驚くなよ」

「……すみませんね」


 朝から元気な人だ。いや、人じゃなかった。今は何時だろう。スマホを見ると、8時35分と表示されていた。連絡は1件も入っていない。分かってたけど。


「朝食の用意はゆうにさせておくが、どうする? 」

「え、じゃあ、入浴してからいただきます。昨日は、あのまま寝てしまったので」

「分かった」


 そう言い、蛍様はどこかに行った。朝食も用意してくれるんだ。やっぱり、優しいんだな。


 昨日言われたように、隣の部屋に入ると脱衣所があった。そこから、扉を開けると、銭湯のような入浴場が。大きい浴槽に、シャワー、さらにシャンプー、リンス、ボディーソープやら全て揃っていた。凄い……有難い。


 体を洗ってから、浴槽に足をつけてみる。温度も丁度いい。


「何だか、銭湯を独り占めしてるみたい……夢みたいだな」


 あ、朝食も用意してもらえるんだったよね。なら、待たせないようにしないと。じっくり夢のような気分を味わいたいが、脱衣所に戻る。短く切った髪は、あっという間に乾いてしまった。短くしていてよかったかもしれない。


「そういえば、夕さんってどんな方なんだろう」

「呼びましたか? 」


 後ろから落ち着きのある声が聞こえた。振り返ると、長い白髪はくはつに橙色の瞳を持つ、男性がいた。彼が夕さんか。


「急に声をかけてしまい、申し訳ございませんでした。朝食の用意が済みましたので、お呼びしようかと思いまして」

「いえ、ありがとうございます」


 柊さんと夕さんって、見た目はそっくりだけど、性格は真逆なんだな。何だか面白い。2人は双子だったりするのかな。


 貸してもらっている部屋に戻ると、テーブルに朝食が並んでいた。白いご飯に、味噌汁、焼き魚、卵焼きに、ほうれん草のおひたし。朝からこんなに豪華な食事ができるなんて。


「いただきます」


 昨日は、夕食を取っていなかった。そのせいか、箸は止まることを知らない。美味しい。誰かに作ってもらう料理って、こんなに美味しいのか。夕さんが料理上手なのもあるだろう。


「どう、でしょうか? 」

「美味しいです! すごく! 」


 黙ったまま食べていた……。夕さんは「よかったです」と言い、尻尾をぶんぶんと振っていた。可愛い、なんて思ったら失礼だろうか。


「ごちそうさまでした。夕さん、ありがとうございました」

「いいえ、私は当然のことをしただけですよ」


 さらっと、そう言えるなんて、本当に凄いしかっこいいな。


「そうだ、朝食が済んだら広間へ呼ぶよう、蛍様に言われていたんでした。ご案内します」

「ありがとうございます」


 昨日の話の続きかな。……どうするか、ちゃんと考えないと。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます