第3話 結月の願い

 今度は腕を掴まれる前に、ついて行った。あれ、地味に痛いんだよね。


 案内された部屋は、本当に何年も使われてないようで、埃やクモの巣があちこちにある。この神様は、こんな部屋に泊まれと言うんだろうか。なんて考えていると、蛍様が指をパチンと鳴らした。


「す、すごい。綺麗になった」


 一瞬にして、旅館の一室のような部屋になった。こんな部屋に泊まらせてもらえるんだ。


「ま、こんなもんか。隣に入浴場を作っておくから、使いたければ使え」

「ありがとうございます」


 正直、ここまでしてもらえるなんて思ってなかった。ぼうっとしていると、蛍様が座るよう言った。多分、私の願いについて聞いてくれるんだろう。


「まず言っておく。俺は言葉を選ぶのが苦手だ。お前…結月の気にさわることを言ってしまうかもしれない。嫌だったらはっきり言ってくれ」

「分かりました」


 苦手だという自覚はあったんだと、かなり失礼なことを考えつつ答えた。


「じゃ、教えてくれ。結月は、誰と縁を切りたいんだ? 」


 緊張を覚えつつ、彼の赤い瞳をまっすぐ見る。


「僕、高校に行ってるんです。あ、高校1年生です。そこで、いじめに遭っていて……そのいじめのリーダーと縁を切りたいです」

「なるほどな」


 そう言って、蛍様は考え込んでしまった。もっと、馬鹿にされたりするかと思った。私が思っている以上に、彼は良い神様なのかもしれない。


「少し難しいというか面倒だが、できなくはないぞ」

「面倒、ですか」

「いや、お前の願いが面倒ってわけじゃねぇ。学校ってのが面倒なんだ」


 首を傾げる私に、蛍様は言った。


「リーダーと縁を切れば、そいつは転校するだろう。それで、お前は学校に行けるようになるのか? 」

「……多分、無理です。すみません」

「何でお前が謝るんだ。結月はだろ」


 そう言われた途端、我慢できずに泣いてしまった。そんな言葉をかけてもらえるなんて、思わなかった。ずっと、ずっと、私が悪いって言われてきたから。突然泣き出した私に、彼は慌てて言った。


「お、おい。どうした? 俺、何か余計なこと言ったか? 」

「違います。嬉しいんです。……何も、悪くないって、言ってもらえて」

「……そうかよ。なぁ、お前が転校することはできねぇの? 」

「僕も言ったんですが、母が許してくれなくて…できないんです」

「結月は大変だな。……ずっと頑張ってきたんだな。続きは明日にするぞ。今日は、もう寝ろ」


 もう、声も出せなくて、首を縦に振った。柊さんが用意してくれた布団の中で、ずっと泣いていた。今まで溜めていたものを、吐き出すように。気持ちが落ち着くまで、ずっと泣いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます