第2話 帰りたくない

 連れられたのは、神社の本殿だった。彼が神様っていうのは本当なんだな。


「え、入っても良いんですか? 」


 本殿の中って人が入っていい所じゃないよね、多分。神社のことは、あまり知らないけど。


「俺が良いって言ってんだ。さっさと入れ」


 もしかしたら、彼に遠慮なんて必要ないのかもしれない。それに、本当に彼が此処の神様なら、私は性別を偽らないといけない。蛍光神社の神様は、女性が苦手なんだと聞いた。理由は知らないけど。バレたら、追い返されるかもしれない。折角、髪の毛を短く切ったんだ。バレるわけにはいかない。


「で、何でお前はこんな時間に、あんな所にいたんだ? 」

「あ、あぁ…僕は白雪しらゆき 結月ゆづきと言います。えっと、に夕方から夜の間に蛍光神社に行ったら、神様に会えると聞いて。切ってほしい縁があるんです」


 私にはどうしても、切りたい縁がある。だから縁切り神社について、色々と調べたんだよね。その時に、とある人からそんなことを聞いたんだ。まさか、百鬼夜行に遭遇するとは思わなかったけど。


「へぇ。その、って誰だ? 」

「えっと、それは……」


 理由は分からないけど、自分のことは言わないでくれと口止めされている。というか、顔しか知らないんだけど。黙っている私をいぶかしげに見た彼は言った。


「もしかして、白くて長い髪を持つ、緑色の瞳の男性だったりするか? 」

「え、なんで知って……」

「やっぱりな。おい、出てこい。しゅう! 」


 彼がそう言うと、部屋の奥から人影が見えた。次第にはっきりと姿が見えてきた。姿は人間と同じだが、よく見ると動物の耳や尻尾が付いている。でも、顔は私が会った男性と全く同じだ。


「な、何でしょう、けい様……」

「何でしょうじゃねぇよ。全く、お前ってやつは」


 しゅうと呼ばれた男性が、神様に叱られている。にしても、神様はけいって名前なんだ。私はちゃんと名乗ったのに、名前を言わなかったな、この神様。


「もういい。そこに座ってろ」

「はい……」


 柊さんは耳をぺたんと下げて、座り込んでいる。神様が、こちらを向きなおして言った。


「こいつは、此処の狛犬の柊。もう1人、ゆうってのもいるけど、それは置いといて。で、俺はけいっていうんだ」

「蛍光神社の蛍ってことですか? 」

「ま、そーいうこと」


 狛犬って、こんな人の姿になるのかな。それとも、蛍さん……蛍様の力が働いてるとか? まぁ、神様の力とか、よく分からないけどさ。


「話を戻したいところだが、お前は家に帰らなくてもいいのか? 」


 名乗ったのにお前呼びですか。家、か。ぼんやりと母親の顔が浮かぶ。


「帰りたく、ないです……でも、蛍様の邪魔になるなら、帰ります」

「あっそ。じゃあ、泊まってけば? 此処、無駄に広いし。それに、願いも聞きたいしな」


 あっさりとした返事に驚きつつ、お礼を言う。母親には「友人の家に泊まる」とメッセージを送った。


「空き部屋に案内する。ついて来い。柊も来い」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます