第34話 エレベーターで君と

エレベーター前でスバルと別れ、ひとり帰路についた。自宅でぼーっとしながらシャワーを浴びているとき、突如として我に帰った。



俺、さっき、なにをした……?



ずっと夢の中にいたような気がする。ルミちゃんとデートをした平和な昨日の午後から、一夜明けて、なぜスバルとキスをするに至ったのか。……それも自分から。



そんなに酔っていたわけではないのに。キス魔では断じてないのに。あいつは男なのに。俺はひかえめな可愛らしい女の子が好きなのに。



振り払おうとすればするほど、真っ赤になってへたりこんだスバルの顔が脳裏に浮かび、胸の奥がずきずきとした。

うわああああ!死にたい!と叫び出しそうになるのをなんとかこらえる。

どうすればいい。どうすればいい。俺は一体どうすればいいんだ。



髪も身体もとうに洗い終わっているのに、まるで滝修行であるかのように無言でシャワーに打たれ続けた。どうすれば。答えが見つかるはずもない。それでも考えてしまう。どうすれば。俯いた俺のあごの先からもお湯がどんどん伝い落ちていく。お湯が排水溝に吸い込まれてなくなるように、俺も消えてなくなってしまいたい。どうすれば。



そうだ無視だ。



ひらめいた。酔ったフリ。それに尽きる。

スバルになんと言われようと、あの日のことは、泥酔していて1ミリも覚えていないと言い張ろう。それが嘘だとバレたとしても、そんなの知ったことじゃない。認めなければいいのだ。



なんとも男らしくない打開策だが、対男なのだからどうでもいい、と投げやりに考えた。どうでもいいだろ、スバルなんて。昨日だって、あいつなんか本当はどうでもよかったんだ。



なのに足はいつのまにかあの席に向かっていた。

その事実にまた、胸の奥がずきずきとする。



やり切れなくなり、乱暴にシャワーを止めると浴室を出た。身体を拭き、呆然としたまま髪を乾かし、パンツ一丁でベッドに潜り込む。……とにかくいまは寝よう。寝ることだ。あとは起きてから考えよう。いざとなればさっき決意したように、無視すればいいのだから。絶対に逃げると決め込んで、俺は眠りについた。このまま永遠に目覚めたくない気持ちだった。








……何時間経っただろう。チャイムが鳴って目が覚めたとき、外はもう薄暗かった。夕方か。

けっこう眠ったな、こんな時間にいったい誰だ、なんか注文してたっけ……などと寝ぼけた頭で考えながら、Tシャツとハーフパンツを適当に身につけて玄関に向かう。



女の子は部屋のドアを開けるときに絶対に用心すべきだが、男はそういうのに無頓着なタイプが多いだろうと思う。俺もその例に漏れない。ドアスコープをろくに確認しないまま扉を開けてしまい、度肝を抜かれた。冷や汗が背中を流れる気がした。




「な、な、な」

「おはよー優也。来ちゃったっ」



語尾にハートマークでも飛ばしそうなほど上機嫌なスバルが、きらきらの笑顔を讃えて立っていた。


狼狽しながらも腹を括る。

無視作戦、発動である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る