一部は本当にあったかもしれませんね

 SDカードの再生ができる民生カメラに適当に突っ込む。

 再生。

 小さな液晶を覗く。

 音声も念のために最大にする。

 ADが映っている。本日の日付、場所、番組名を口にして。それだけ言ってまあいうべき事も特に元々ないのだろう黙った。

 実際はここにタレントが映る予定だったのだろうな、と思いながら液晶を見つめる。ホームに電車が通過する旨をアナウンスする音声。ADの視線が動く。


 ――手が。

 何本も何本も数え切れないほどの手がADの後ろから伸びてきて、彼を押し出すような動きをして。

 電車の通過と共にふっと消えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る