職業は鑑定士ですが【神眼】ってなんですか? ~世界最高の初級職で自由にいきたい~

作者 渡琉兎

サクサク読める

  • ★★★ Excellent!!!

 楽しく読まさせて頂いております。 

 第82話まで読んでて気になった点が2つ。
 ヤマト家の先祖が、主人公と同じように魔の森に追放されたような記述があったのですが、転移魔法陣って四十年程前に設置されたんですよね(第28話)。
大きい括りでは先祖なんでしょうが、爺さんや、ひい爺さんぐらいの世代を先祖と呼ぶのには、やや違和感を感じました。四百年程前とかなら分からなくもないですが。
 転移魔法陣を設置後、その魔法陣でシュリーデン国に戻って来ている(第28話)ということは、元々、双方向の転移が可能なのでは?
鑑定では、シュリーデン国に最短で向かうには魔法陣の改良が必要みたいな記述(第61話)だったので少し気になりました。
魔法陣の発動に特殊な条件が必要ってことなのかな?
魔法陣に管理者登録みたいのがあるとかかな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー