第11話 約束

 …。


 小さい頃。


 私は彼と初めて2人で夏祭りに出かけた。


 確か小学4年生の頃だったと思う。


 それまでは柚葉と、どちらかのお母さん来てくれて、私たちを見守ってくれていたけど、その時だけは、和樹と2人きりで夏祭りに行きたかった。


 だから、私は勇気を出して言ってみた。


「ねぇ、カズくん、夏祭りなんだけど2人で行かない?」


 その勇気は、本当にちっぽけで、思い出すだけで鼻の頭が痒くなる。


 だけど、その時の私にはそれが精一杯の勇気だった。


「うん、分かった」


 和樹は首を縦に振ってくれた。


 そして夏祭りの日。


 私たちは2人で人混みの中を歩いた。


 ぼんやりと提灯が照らす暗がりに、照明に集まる昆虫。


 チョコバナナの甘い香りと、焼きそばのソースの匂いの中を。


「…琴葉」


 和樹に名前を呼ばれて、顔をそちらに向ける。


 するとその瞬間、左手をぎゅっと握られて、心臓がドキリと跳ねた。


「カズ…くん?」


 彼も恥ずかしさから、顔が赤くなっていて、視線も私と合わせてくれない。


 だけど、優しくこう言うのだった。


「人多いから…迷子にならないように」


 その時の和樹が妙に大きくて、かっこよく見えたのを私はまだ覚えてる。


 そして何よりも、本当に嬉しかった。


 この人混みの中、私をつなぎ止めてくれる彼の手が。


 夏祭り最後の和太鼓パフォーマンスを2人で見て、その帰り道。


「カズくん」


「ん?」


「また来年も一緒に行こうね」


「あぁ、また来年も一緒にな」


 ぼんやりと提灯が和樹の笑顔を照らす。


 その時。


 小さな心音と、体の奥からふわりとした暖かさに初めて、恋というものを理解した瞬間でした。





「え…」


 ごめん、と、言って手を合わせる和樹。


 私の中に不安が一気に広がる。


 動揺が隠し切れなかった。


「今年は…ダメなの?」


「…今年は一緒に行く人がいて…だからごめん」


 …。


 和樹がごめんと言う時は本当にそう思っている時だ。だっていつもは、『わりぃ』とか、『わるい』って言うから。


 …。


 落ち着け、私.


 私は小さく息を吸うと、口角を上げる。


 彼を小馬鹿にするように口を開いた。


「へぇー、私以外の人と行くなんて珍しいじゃん。なに? 好きな人でもできた?」


「…」


 …え。なんで黙るの。


 その沈黙に、私は慌てて言葉を返す。


「あ、あはは…そっか、まぁ楽しんでね!」


 そう言って、彼と逆方向へ足を進めて行く。


 最初はゆっくり、そして彼との距離が遠くなるごとに、私の足は早くなって、最後にはもう半ば走っていた。


 聞くんじゃなかった…。


 どっと押し寄せる後悔。


 別にカズだって男の子だし、女の子に恋をするのだって全然おかしいことじゃない。


 だけど…。


 その和樹の好きな人が、私であってほしかった。


 今年の夏祭りも、彼の隣にいるのが私であってほしかった。


 建物の端っこの方へ来たあたりで、頬を生暖かいものが伝う。


 それはなんど拭っても、無限に溢れ出してきて。


 私の袖を生暖かく濡らしていく。


 別にフラれたわけでもないし、関係が崩れるわけでもない。


 なのに、胸の中にあるこの敗北感によく似た気持ちは一体なんなのだろう。


 私には、どうにもその正体が分からないのでした。


 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る