第8話 雨音

「ん〜! フラペチーノ美味しかった〜!」


「お前最近、飲み過ぎじゃね? お金大丈夫なのかよ」


 学校帰りからの、スタバからの帰宅途中。


 フラペチーノを、堪能した琴葉は分かりやすいぐらいご機嫌だった。


「うん、二回に一回はカズが奢ってくれるから問題なーし♪」


「あぁ、なるほどな、だから最近財布が妙に軽い訳か…よし絶交、じゃあな」


 と、手を振り俺は早足に歩き出した。


 一ヶ月で1万のお小遣いのうち約4000円があいつの腹の中に消えて行くなんて、本当にたまったもんじゃない。


 それに関してはいくら幼馴染みでも許せなかった。


「ごめん、嘘だって、3回に一回だからね?」


「人に金払わしといて、よくそんなこと言えるよな」


「えへへ〜」


「…ダメだ…メンタル強すぎて敵わないわ」


 はぁ、とため息をつく。


 すると、そのタイミングでポツリと肌に冷たい感覚が走った。

 

「ん?」


「あ…雨降ってきた…」


 そして続け様に遠くの方からザーッと嫌な音がこちらに近づいてくる。


 …やな予感。


 …。


「やばい! 走れ!」


「え、なに!? ちょっとカズ!」


 そして、全力疾走をした俺たちだったが、屋根付きのバス停に入るまでにはもう、お互いにびしょびしょだった。


「マジか…最悪」


 チャックを開けて、リュックの中身を確かめる。


「良かった…教科書とかは無事だ」


「ねぇ…カズ」


「いや、待てよ…あ、やべぇ借りてた小説…終わった…」


「ねぇってば」


「ジャージとタオルは無事か…やっぱり防水のリュック買っとくんだったな」


「ねぇカズってば!」


「うるせーなこの雨女、元はと言えばお前がスタバに…」


 顔を上げた先の光景に思わずセリフが止まる。


 白いワイシャツが水分を含んで、体に密着し、所々肌が透けていた。


 そして何よりも、水色の下着が透けていた。


 心臓が跳ねて、顔の熱が一気に上昇する。


 思わず目を逸らした。


「私のことも…ちょっとは心配してよ…」


 しっとりと濡れた髪の毛から、ポタリと滴が落ちた。


「…あ、あぁ、すまん…そうだよな…」


 そう呟き、リュックを漁る。


 タオルとジャージは生きてたんだっけな。


 その二つを取り出し琴葉に渡した。


「とりあえず羽織っとけ」


 すると琴葉は驚いたような表情をして、ジャージから俺に顔を向けた。


「え、でも…いいの?」


「今更気にすんなって、俺たち幼馴染みだろ…次の体育までに返してくれればいいからさ」


 そこまで言い切って、なんだか恥ずかしくなってきた俺は、視線を逸らすと後頭部をガリガリと掻いた。


 少し遅れて、ふふっと優しい笑い声。


「…なんだよ」


 ううん、と首を横に振りこちらに顔を向ける。


「なんでもないよ、ありがとね…カズ」


 にこりと笑う。


 その笑顔が柚葉と似ていたせいか、それとも単純にそう思ったのか…。


 胸がふわりと暖かくなるのを感じた。





 いつも読んでくださってありがとうございます!

 

 もし良ければ、貴方様からのコメント、評価お願いします!


 それでは、今日も貴方様にとって、良い一日になりますように。

 

              あげもち

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る