第2話 幼なじみ

 

 「それじゃ、また明日」


 「うん! ありがと、お兄さん!」


 にこりと笑い、小さく手を振る。


 やっぱりこう見ると、昔から変わらない。小さい頃から笑った時の顔が可愛くて、上手い表現が出来ないけど、本当に愛らしい。


 「おう」


 手を小さく振り返す。


 柚葉は嬉しそうな顔をしながら、玄関を開けて、消えていく。


 その日の帰路はずっと柚葉のことばかりを考えていた。



 一ノ瀬柚葉いちのせゆずは


 俺の一つ年下で家も近所、小中高と同じ学校で過ごし、本当に昔から顔を知っている、いわゆる幼馴染みってやつだ。


 そしてもう一人、こいつには姉がいる。


 「…んー、」


 「んー、じゃねぇおーきーろ!」


 ベットに寝転がっている制服姿の女の額をパチンと叩く。


 あぁー!と痛そうな悲鳴を上げて一ノ瀬琴葉いちのせことはが起き上がった。


 「いったー…なに? せっかく寝てたのにー」


 「寝てたのにじゃねーよ、勝手に人のベッドで寝やがって…てか、さっさと帰れ」


 「カズのお母さんには許可取りましたー、ざんねーん!」


 そう言ってクスクスと笑い、確実に小馬鹿にするような瞳を向ける。


 俺をカズと呼ぶこいつは、同い年の幼馴染みにして、柚葉の姉、一ノ瀬琴葉いちのせことはだ。


 柚葉によく似て…いや、逆に柚葉がこいつに似たのだろう。顔の各パーツは柚葉同様、よく整っていて、体つきもだいぶ大人っぽい。


 そんな可愛いと言うより美人な印象がある琴葉には、黒くしっとりとした長い髪の毛がよく似合っていた。


 いたずらに覗き込む視線に、チッと舌打ちをする。


 まぁ、今更か…と半諦めのため息を吐きながら、勉強机の椅子に腰掛けた。

 

 「…そんで? 今日はなんの用だよ」


 「お、やっと聞いてくれましたか…」


 ヨイショと立ち上がり、おそらくぶん投げたことが予想できる鞄から取り出したのは、二枚のプリント。


 それをテーブルに置くとカーペットの上に座った。


 「ごめん、また落ちちゃった♪」


 てへ、と小さく舌を見せる。


 その緊張感のなさが妙にウザくて、頭の中の血管が危うく切れかける。


 落ち着け、一応お金はもらってるんだ…、これぐらいは我慢だ…。


 すぅー、と息を吸って怒りを沈める。


 俺は琴葉の横に座るとプリントを手に取った。


 一ノ瀬琴葉、という文字の横に大きく、堂々と書かれた8という数字。


 見た瞬間夢であってほしいと思ったこの紙は、紛れもなく数学のテスト用紙なのだ。


 「えーっと、琴葉さん?」


 「なに?」


 「お金…いらないんで他あたってくれませんか?」


 「…君をもっと困らせたい(イケボ)」 


 「あ、やべ、キレそう」


 そんな会話で琴葉は楽しそうにケラケラと笑う。


 俺はわりかし本気なんだけどな。


 「ごめん、でも頼れるのカズしか居なくて…だからお願い…」


 そう言うと体をグッと近づけて肩と肩を密着させ、俺の太ももに手を置いた。


 そして、囁くように、


 「私に勉強、おしえて?」


 思わずどきりとしてしまった。


 手を払い除け、小さく押し返すと早口で言った。


 「そーゆーのやめろって…勉強、教えてやるから」


 「ふふ…ありがと、カズ」


 心地よさそうに笑い、また肩を密着させる。


 だからそういうのやめろって言ったのに…。


 だけど、その時頭をよぎったのは、柚葉のあの言葉だった。


 —姉さんには、ナイショですからね?


 


 


 


 


 



 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る