いざリウキウへ!

ミライさんの掛け声で参加者がステージの前に集まった


『改めまして皆さん、おはようございま~す!』


おはようございま~す!と、参加者とフレンズから返ってくる


『はい、ありがとうございます!昨晩も言いましたが、皆さん今回は、当ジャパリパークの旅企画にご応募頂きありがとうございます。この旅では、皆さんが希望なされたフレンズさんと共に、私ミライの案内の元、パークやフレンズさんに触れて頂き、

パークを知って貰おう、と言う企画となっております。では、私からの挨拶は一旦…ここまでとしまして、今回の企画の主催者であり園長の継月さんに旅のプランを説明して頂きましょう!お願いしまーす!』


ミライからの紹介で継月がマイクを持って上がり、

ミライはステージの脇に移動する


継『…主催者ってどっちかって言うとこの話持ってきたミライさんじゃないかと思うんだけどなぁ…』


アハハハハとフレンズの笑い声が上がる


『まぁいいや。改めまして皆さん、おはようございます』


おはようございま~す!と、参加者とフレンズから返ってくる


『…ご丁寧にどうも。えー、ご紹介に上がりました、今回ミライさんと共にこのツアーを企画させて頂き、皆さんと旅を共にさせて頂きます、継月です。

どうぞ宜しく。まぁ園長といっても、まだオープン前なので、仮のという状態なんですけどもね。

えー、今回はですね、オープン前のパークに試験的にお客さんを招くという事もあって、出来るだけ少人数にした方がいいよねって事で、数ある応募者の中から皆さんを、僕とミライさんとで話し合って選ばせていただいたんですけど。まぁ~応募数が凄かったんですよね。この企画をミライさんから言われてOKした時はこっちの現状もあるし、んまぁ10人か15人…多くても2~30人は来ればいいかな~くらいに僕もミライさんも思ってたんですよ。それでね、後日皆さんからの応募書類が届いたんですけど…、その時は慌てた様子で

ミライさんが持ってきたものだからどうしたのかと

その書類の束を見たら…ミライさんあれどのくらい

ありましたっけ』


ミ『少なくとも百…は行ってましたね』


継『そう、もう予想の何倍もの応募数が来て二人ともびっくりして。もうそのあとは絞るのがめっちゃ大変でしたね。まぁ選ばれた皆さんはね、折角こうして参加できた訳ですし、もし良ければここで出来た思い出を持って帰って、友人だとか、家族への土産話にして貰えればなぁと思います。

では前置きもここまでにしておいて…早速ですね、

今回の旅のプランをご説明いたしますけども、皆さん事前に配布したお手持ちのしおりにあるスケジュールをペアのフレンズとご覧ください』


参加者各位がしおりを取り出し、スケジュールを見る


『1日目となる本日はまず、ここキョウシュウから

私達の用意したクルーザーに乗船して頂いて、そこからリウキウへと向かいます。

そしてリウキウ到着後、そこを納めている守護けものからの軽い挨拶を挟んでそこからは自由行動をして頂きます。

そのエリアから出たり立ち入り禁止区域に入りさえしなければ基本的には何をして貰っても構いません。

文化に触れるもよし、現地のフレンズと戯れるもよし、現地の食を楽しむもよしです』


ミ『因みに各ペアにカメラをお渡ししましたけどこちらでフォトを撮っても?』


継『もっちろんオッケーです、その為にお配りしたものなので。…あっ、ただ大丈夫だとは思いますけど モラルとかは守ってくださいね?そこんとこお願いしますよ?

因みにそのエリアに何があるのかとか各エリアごとのデータはそのしおりに大方書いてあると言うより

私とミライさんの方で現状出来そうな事とか全っ部 現地行って調べて書き記したんで、良ければですね、行動プランの参考にしていただければと思います。

そうしましたらお昼を挟んで13:00頃、ゴコクへと

向かいます。

ゴコクでもリウキウと同じく守護けものからの軽い

挨拶の後自由行動、コゴクで一泊した翌日バスで

アンインへ向かい…と言ったようにホッカイエリア

まで北上する形でパークの各エリアを周っていきます。

予定としましては

本日一日目は先ほど言いましたがリウキウとゴコク

翌日二日目はアンインとサンカイ

三日目はナカベとホクリク

四日目はカントーとホートク

五日目はホッカイと1日で二つのエリアを回り、

最後はホッカイからこのキョウシュウに戻ってきて、キョウシュウを回ったらこの遊園地で宴会をしてロッジに泊まり、翌朝解散…という5泊6日の旅行企画となっております。

では皆さん、是非フレンズのみんなとの楽しい一時をお過ごしください。以上で、私からの挨拶とさせて頂きます』


継月がミライとは反対のステージ脇に移動する


ミ『はい、ありがとうございました。それでは最後に、現在は主にこのキョウシュウエリアの守護を務めておられますスザクさんからのご挨拶で終わりたいと思います。スザクさーん、お願いしまーす!』


…しかし継月と同じくステージ横に居た筈のスザクの姿はない


『あれっ?スザクさーん?』


継「あれっ、スザク姉何処に…」


とか思ってたら上からゆっくりスザク姉が降りて来た…

マイクを持って


ス『皆のもの、待たせたの』


継『目立ちたがり屋かっ!普通にステージ横そこから上がってこればいいじゃん!』


ス『いやぁこれでも守護けものじゃし~、一度ちょっとそれっぽい登場をしてみたくての?』


継『お茶目かっ!もう…、余計な事しないでいいから早く皆に挨拶してよ(笑)』


ス『むぅ…今日はつれないのぅ。いつもならもう少しはのってくれるというに…』


継月が下がるとスザクが前を向く


『とまぁ継月に怒られてもうたし、茶番はここまでとしておいて…皆のもの、よくぞこのジャパリパークに来てくれたのぅ、歓迎するぞ。我こそは、ジャパリパーク南方守護者のスザクじゃ。昨日ミライからも話されたと思うが、このジャパリパークでは、皆がパークの外にある「どうぶつえん」とやらで見慣れた動物のフレンズやまだ見たことのない、知らない、そして

本来触れ合う事すら不可能な筈の動物のフレンズも

おる。是非とも、そんなフレンズ達と心通わせ、良き楽しい思い出を作ってくれたら幸いじゃ』


そこまで言った所でスザク姉の顔がいつものフレンドリーなにこやかな顔から如何にも神様らしい(失礼)

険しい顔に変わる


『…とはいえ、自然やフレンズを無闇に傷付けるような粗相はするでないぞ。お主らなら大丈夫だとは思うがのぅ。昨晩も、フレンズを連れ去ろうと考えると

不届きな輩が忍びこんでおったからの』


その言葉を聞いた参加者達がざわめきだす


継『ちょっちょっちょっちょ!それは言わないようにって話したじゃん!!』


継月の横槍でスザクの顔がいつもの顔に戻る


ス『なんじゃ、注意喚起には充分な内容であろう?』


継『皆を不安にさせない為にも知られないようにって話し合ったでしょ!ほらもう何人か怯えちゃってるし!』


主にアードウルフやジョフ辺りが!


ス『まぁとはいえ、そやつらは早期に我等が全員捕まえてきっちりとっちめておいたからのう。今頃は本土でお灸を据えられておろう。このパークにはもうおらぬだろうから、皆安心して旅を楽しんでくれ』


その言葉を聞いた参加者がホッとした顔になる


『それでは、良い旅をの!我からは以上じゃ!』


スザクはステージ横から降りていった


ミ『…はいありがとうございましたー(汗)

それではですね、今から日の出港へ移動しま~す』


ミライと継月はマイクの電源を切り、器具の運搬として控えていたマーゲイと博士、助手に後の事を託して

フルルと共に皆の先頭に立った


ミ「それでは皆さん、ついてきてくださいね~」


旗を持ったミライさん、様になってるなぁ…流石パークガイド


ミライの後ろを継月とフルルが着いていき、

その後ろを各メンバーが二列になって歩き、港へむかう


(「の」のカットイン)


日の出港


ミ「はい!これが今回皆さんが乗るジャパリクルーザーでーす!皆さん足元に気を付けて乗船して下さいね~」


日の出港に停泊している船は最大25人程乗れる様に設計されてある

そのクルーザーの座席まで移動しミライさん、俺と

フルルが最前列に

他のメンバーはそれぞれのペアで座って貰った




配置はこう


       前


      フ継ミ


    コタ   ロあ

    キペ   ジョ雪

    ア松   サけ


       後




俺たちの前には一体のラッキービーストが鎮座(?)している


ミ「ラッキー、船の操縦お願いね」


ラ「任セテ、安全運転デ行クヨ。クルーザーシステム…起動。クルーザー駆動部…各部異常無シ。システム、オールグリーン…アンカーノ巻キ取リ完了。

…出発スルヨ」


ミ「それでは皆さん準備はいいですか!

ジャパリパーク一周の旅に、レッツ」


全員『ゴー!』



こうして、クルーザーは日の出港を出港し、リウキウへの航路を走り出した

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます