旅立ちの集い 継月side

出発当日の朝 AM7:30

遊園地には各メンバーが集まっており、

ステージ近くにいるミライと継月、フルルとスザクは今回の企画の再チェックで話し合っている


今日が出発の日だ

参加者には前日の夕方にパークに入って貰って

身体検査をした後ロッジで一泊して貰った

…流石に検査機使ったぞ?ボディタッチとかあれだし

念の為に俺もミライさんとお互いに確認しあったからそこも問題なし

そして今、初顔合わせも兼ねて各参加者には自分の

希望したフレンズと談笑という形で軽いコミュニケーションを取って貰ってる

これは、お互いに緊張を解して貰うのとフレンズへ

参加してるメンバーへの警戒心を解く為だ

まぁフレンズの方には一応俺とミライさんから安全であることは伝えてあるけどさ…

たまにマレーバクみたいな子もいるし


継「にしても結構な応募数でしたよね。軽く数えて100はありましたから」


ミ「えぇ、やっぱり皆さんフレンズさんが大好きなんですね♪」


ス「うむ、そのようじゃの」


継「えぇ」


フ「みんな楽しそ~♪」


俺はそんな数ある応募者の中から俺とミライさんが査定という名のほぼ独断と偏見により見事参加権を勝ち取った(?)参加者を改めて確認した


コーヒーカップで座りながら話しているのが

ペロくんとキタキツネ


テーブルを挟んでお互い少し緊張しながらも何とか

心を通わせつつあるのが松前くんとアードウルフ


こちらも最初はどぎまぎしながらもアイドルと言うこともありステージのトークにより培ったスキルで

コウテイが場を作ったこともあってなのか今ではすっかり打ち解けているのがタコくんとコウテイ


まるで本当の姉妹のような雰囲気を見せるのが

雪衣ちゃんとジョフことジョフロイネコ


サーバルの天真爛漫さで打ち解けつつあるのが

けもけもさんとサーバル


そして、今回俺からの声掛けで参加して貰った

あんかけちゃんとG・ロードランナー


因みに俺がミライさんに言ってた推薦枠はあんかけちゃんだ

他のメンバーが採用された理由は

松前くん、雪衣ちゃんはプールでの一件もあって大丈夫だろうって確信があったから

まぁ向こうは俺とは初対面だろうけど

なにせこの世界の二人だからな

タコくんは少し前に俺が夢の中で見たPPPライブの

観客に居たコウテイの彼氏って言ってた…えっと名前はなんつったっけな…奥…まぁいいや、その男と顔を見た感じの雰囲気がそっくりだったから

ペロくんとけもさんは…俺とミライさんの人生経験からの直感だ


…『ほぼ根拠のある採用理由ばかりなのになんで独断と偏見なのか』って?

いやだって応募で送られてきた書類と同封されてた

顔写真を見た感じだと何とか印象良くするための顔で送ってきてる、やらかしそうなっつーかそういう事

やってそうな悪面した奴も何人かいたし

何をとははっきり言わんけどさ…

しかも内何人かはそういう理由で落選ボツにしたのに往生際が悪かったのかパーク行の船に潜入しパークに侵入してたらしく、それを知った俺はリカオン姉とタイリクとスザク姉に協力を頼み連携して全員確保

スザク姉の説教の後ミライさんが呼んでた本土の警察の人と本土おうち強制送還おかえり願った…なーんて一幕があったけど


ミ「それにしても昨晩は大変でしたね。継月さんお疲れ様でした…」


継「万が一を想定して2割くらいはそうなる可能性を踏んでたけどまさかそれが物の見事に的中するだなんて…」


ス「まったく…フレンズを己の金欲の為に拉致しよう等と考える不届き千万な奴らが居るものなのじゃのぅ」


フ「でも継ちゃんにバレちゃったのが運のつきだよね~。御臨終だよ~」


継「御愁傷様な。いや、人生的なって考えるとある意味合ってるか」


まぁそれは俺達だけの知る話で、参加者のメンバーには知られていないし知らせてない

変に不安にさせたくなかったからな

今頃は奴らは不法侵入とか諸々の容疑で警察の厄介になってるだろ

調べたら約二名はそこそこ前科がある奴だったし


ミ「あっ、そろそろ時間ですね。継月さんは挨拶の準備をお願いします」


継「あっ、わかりました」


ミライさんがマイクを持ってステージの上に立つ


ミ『あーあー。マイクチェック、ワンツー。

参加者の皆さーん!そろそろ出発のお時間ですので、ステージ前への集合をお願いしまーす!』




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

※参加者各位はこの周と次の周のみこちらの話を軸に各視点での流れを展開していってください

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます