第32話・幸せの二律背反-2

私と父上の期待する未来は所詮違うわ。父上には父上の過去があり、背負わなければならないものがある。そして私にも忘れられない罪と、継承すべき爵位があるの。


 【私と父上の幸せは共有できない。私たちは別々の世界を生きている。】


 かつては母上の存在によって強く結ばれ、一緒に楽しく暮らしていた私たちは、母上の死去により、桜が散るように、まるでその幸せは最初から存在しなかったかの様にバラバラになった。。


 【そしてこの悲劇を招いた張本人は、まさに私自身だった。】


 今更私にはもう自分の幸せを追い求める資格などないわ。


 幾ら今父上がそばにいて看病してくれるとしても、


 いずれ、継母であるミカレンと、姉上であるエリナとが現れる日がやってくるの。


 私の憎む、父上が愛しているあの二人が、家にきてしまう。


 私だけの父上が、奪われてしまう。


 でも…父上はそれで幸せになれる。


 これでもう十分。今の私は公爵令嬢という立場を全うできればそれでよかったの。


 それでもう十分なはずよ。


 どんな未来が待ち構えていようとも。


 もう全てどうでもいいの。


 「どうした?」


 父上はぼうっと見つめている私に気づき、聞いてきた。


 「いいえ、なんでもありません。ただ最近父上が領地を管理するのが大変になっているのではないかと考えていました。」


 私はいつものように笑顔を作りながら、優しく父上に言った。


 「あぁ、ちょっとな…でももうすぐ時間が取れるようになる。その時は、また一緒に食卓を囲もう。」


 父上は少し申し訳なさそうに言った。勿論その原因は私には十分に分かっていたわ。


 ミカレンとエリナを、どうやってこの家に入れるかを、必死に考えているのよね。


 もういい、これでいいの。


 父上が望む未来と幸せさえ手に入れられれば、


 それで十分なのよ。


 私みたいな心の狭い女のわがままなんて、気にしないでちょうだい。


 いつものように、父上と当たり障りのない会話をしていると、


 間もなくカロリン医師が食事を持ってきた。カロリン医師のアドバイスに従い、ゆっくり食事をしてから眠りについた。


 ★★★お願いです★★★


 少しでも「もっと読みたい」や「物語が素敵」などと思ってくださったら、


 ブックマーク登録・評価・コメントいただけますと、執筆の励みになります!


 何卒、よろしくお願い致します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る