第14話

無事赤点を取る者もいなく、地区大会も明日と迫っていた。


「明日は地区大会になりますが、ゆっくり休んで万全の状態で望みましょう。寝る前のプロテインの補給を忘れずに」


相変わらずキャプテンはキャプテンだな。


「それでは解散」


達也と風間先輩と談笑しながら帰る。


「学のことだから緊張して寝れないってことはないと思うけど睡眠だけはちゃんと取れよ」

「それ達也が言っちゃう。いつも大会前は寝れないくせに」

「ちょっ姉ちゃん」

「あはははは」

「どうしたの?」


やっぱりこの姉弟の会話面白い。聞いてるだけで面白い。


「何かおかしかった?」

「いやちょっと会話が面白かったので」

「逆にぐっすり寝すぎて寝坊しないようにね」

「了解です」

「もう連絡きてると思うけど詳しくはグループ見れば分かるから」


談笑していると先輩たちの家の近くまできた。


「僕こっちなのででは」

「じゃあまたな」

「またね」


お辞儀して5分ほどして家に着く。

明日地区大会かぁー。

少し楽しみでいつもより寝るのが遅くなってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る