第7話 焼肉パーティー

 週末、親父が大きな荷物を持って帰ってきた。皆を集めると……。


「今日は焼肉パーティーを開くぞ」


 リアに黒猫のマヤ、幼女のサナが歓声を上げる。キッチンのテーブルにホットプレートが置かれて焼肉パーティーの始まりである。


「先ずは、豚バラ肉とタマネギだ」


 うん、うん、最初から飛ばしてはいけないな。焼きあがると皆に豚バラ肉とタマネギが配られる。猫のマヤも焼かれた豚バラ肉とタマネギをガツガツ食べる。タマネギを食べる猫も珍しいなと思っていると。


「鶏のささみとナスだ」


 少し焼肉のタレを付けて食べないと淡泊でいけない。しかし、量が多いな、これでは本題がお腹いっぱいになってしまう。


「よーし。牛タンを焼くぞ」


 親父の一言でいまだかつてない歓声があがる。焼きあがりは小皿に二枚の牛タンが乗せられる。うむ、高級品だ、沢山は期待していなかったが少ないな。まだまだ、これからだ。


「締めはウイナーとモヤシだ」


は……?


「親父、カルビとかは?」

「牛タンを食っただろう?」


 何故、質問を質問で返す。確かに牛タンを食べたが……。親父はウイナーとモヤシを焼き始める。皆が遠い視線を放つ。


 牛タン……美味かったな……。


 皆は過去に栄光に浸っていた。


「白いメシのおかわりは沢山あるぞ」


 あれ?焼肉のタレが切れた。


「親父、タレは?」

「そんなモノはない」


 ウイナーとモヤシはしょうゆで食べる事になった。皆はもっと遠い目線になる。


 牛タン美味かったな……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る