第13話 その本は、お前にはまだ早い

「ダルク。評判じゃないか。お前はもっと自信を出していい。素敵な、存在だ」


 ダルクは、どこか納得がいかないような表情をする。まあ、そのうちわかればいい。


「さて、次に行きたいところはあるか?」


 俺の質問にダルクは、頭の後ろに手を置き、周囲をきょろきょろする。


「ここ、ちょっと入ってみたい」


 ダルクが指をさしたのは、目の前にある店。

 中を見ていると、戸棚にぎっしりと本が詰め込まれている。本屋か、それとも本を趣味で集めているのか。


「まて、本なんて高級品だ。さすがに買えないぞ」


 さすがに、この時代の本は高くて俺の収入では買えない。が、ダルクの興味津々そうな表情。


「わかった。見るだけだぞ」


「おう、ありがとなー」


 ご機嫌な様子で、中に入っていく。やっぱり子供っぽいな。


「いらっしゃい」


 店の奥から店主らしきおじさんが出てくる。どこかご機嫌の様子だ。


「ああ、すいません。この子が興味津々みたいで」


 ダルクは楽しそうに本を開け、内容を読んでいる。それを見たおじさんは笑みを浮かべ、言葉を返してくる。


「まあ、傷をつけたりしなければ、中身を読んでも構わないよ。一応売り物だからね」


「売り物なんですか? でも本って高価なんですよね。買う人っているのですか?」



 そう、この時代に本を大量生産する手段はない。人の手で製作する関係で、貴族のような大金持ちしか買うことができないはずだ。


「まあ、半分はコレクションだけどねえ。けど最近は本の値段も下がってきてねぇ。安い値段の本をこうやって並べているんだよ」


 話によると、遠い国で本を作る機械が導入された。それ以降、本が安く配られるようになったらしい。


 そしてこのおじさんは、本業である商人の仕事を行っている傍らで、この本屋を経営しているらしい。


「本に囲まれるのが好きなんだよねぇ。せっかくだし1冊だけ、安く売ってやろう。特別に金貨2枚はどうかな」


「それでも金貨2枚するのか。まあ機械といっても輸送費とか考えるとこれくらいはするよな」


「今までは売ることさえできなかったんだ。これでも俺の利益はほとんど出ない。売ってやるだけありがたいと思ってくれ」


 これを買ったら、あとは子供たちの生活費くらいしか残らない。

 まあ、魔王軍討伐なんかで稼いだ金はある。買ってもいいか。文字を教える教育にもなるだろうし、教材つぃて使えばいい。


「ダルク。1冊だけ、売ってあげるよ」


 するとダルクは、にっこりと笑みを浮かべる。


「1冊? わかった、ありがとうな!」


 そしてご機嫌で本を選び始める。とりあえず、俺も本を見てみるか。


 医学書に哲学書。神話なんかもある。どれも面白そうな内容だ。


 つんつん──。


 ダルクが俺の肩をたたく。


「これなんかどうだ? 信一も喜びそうだし」


 そういって俺はダルクが渡してきた本を読んでみる。


「おい、なんだこれは!」


「信一はこういうの大好きだろ?」


 にっこりのダルク。俺は顔を真っ赤にする。

 問題なのは、本の中身──。


 女性のヌードの絵ばかり。それも官能的に書かれた、胸や大事な部分がモザイクもなしに、詳細に描かれている絵だ。


「はっはっは、ませてるねぇ嬢ちゃん。それは、女性関係がうまくいかない貴族が、画家さんに作らせたものでねぇ。エロ本ってやつなんだよ」


「エロ本か。信一、これ、買っていいか? ナニに使うか、よくわかんないけれど」


「まて、それは勘弁してくれ。お前にはまだ早い。申し訳ないが、別の本にしてくれ」


 全く。ませたガキだ。

 すると、ダルクは本の中身と、自分の体を交互に視線を送りながら一言。


「やっぱり信一はおっぱいが大きい方がいいのか?」


 そういってダルクは、自分のまだ未発達の胸をまさぐる。


「そんなことはない。俺は体の部位で人を判断するのはよくないと思っている。わかったな」


 もっともなことを言って、この場を沈めさせる。


 ダルクはまだ11歳。なのに本屋でエロ本に目をつけるとは……。

 どれだけませているんだこいつは!


「──わかったよ」


 俺の言葉を理解したのか、ダルクは顔を膨らませながら本を棚に戻す。さすがにお前の年齢で、それはまずい。他の奴にしてくれ。


 そしてダルクは、いろいろな本を手にする。5分ほどすると、再び1冊の本を持ってくる。今度はまともな本であってくれよ。


「これがいい」


 ダルクが手に持っている本、それを手に取り、中身を見る。


「おお、それはこの世界の創生を描いた神話だよ。あんたいいセンスしてるねぇ」


 確かにそうだ。中身を見てみると、偉大な女神さまのような人物が出てきて、


 神話というやつか。神様の偉大さや生い立ち、世界の創造なんかを書いているな。


「なんか面白そう。これでいいか?」


 物語としても面白いし、教育にもいい。

 悪くない。これなら子供たちへの教材としても使えそうだ。


 直ちに購入を決定。ご機嫌になった店主に代金を渡す。

 ダルクはご機嫌な表情で本を抱えながら、店を出る。


「いい本が買えたな」


「ああ」


 ご機嫌な表情のダルク。ただ、高い本、汚すわけにはいかない。


「でもさ、落としたりするといけないだろ。だから俺が預かっておくよ」


「──確かにそうだな」


 俺は本をカバンの中に入れる。次は、どうするか。


「ダルク、次行きたいところはあるか?」


「行きたいところか? どうしよっか」


 ダルクがご機嫌な態度で考えていると……、その道先を、彼女のおなかが指し示してくれた。


 ぐぅ~~。


「お腹、空いたなら何か食べに行くか」


 ダルクは、お腹に手を当てながら言葉を返す。


「──そうだな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る