トップランカーのプレイヤーでしたが、気分転換にセカンドキャラを作成したらゲームの世界に閉じ込められました

作者 ガチャ空

391

144人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

パッと見SAOのオマージュと思えるような作品なのですが、あちらのように現実世界から遮断されてしまった、という悲壮感はあまりなく、主人公達が肩の力を抜いて和気藹々とゲーム世界を楽しんでいるので、作品としてライトでとっつきやすい仕上がりになっています。

主人公はどういう育成をしていくのか?今後どんなアイテムや敵が出てくるんだろう?未知のゲームシステムに想いを馳せながら読み進めて行くうちに、あたかも自分がインフィニティゲートオンラインというゲームをプレイしているかのような錯覚に囚われる・・・・・今後そんなリプレイ感覚、になってゆくはず。

舞台が国レベルに拡大し、政治劇、群像劇になって行ったダンバトに対し、「ゲームの楽しさを伝える小説」という点で本作はガチャ空原点回帰というべきかも知れません。

ゲーム好きの方もそうでない方も是非ご一読を!

★★ Very Good!!

素直に面白いと思いました。一方、某有名作をインスパイアしている部分もあるのかな、なんて不埒なことを考えてしまいました。


ゲーム世界へ閉じ込められる、サブキャラの育成。どちらも良きアイディアのように思いますが、少し現実世界の様子やら何やらがおろそかにされている感じがしました。

主人公の鈍感系はどこで発揮されるのか・・・これからの更新に期待します。