第61話 行為……

『マスター!』


【転移門】から出て来た僕に、跳ねるようにしてポシルが向かってくる。


 そのまま肩の上に飛び乗るポシルをひと撫でし、ブルースライムの核を受け取る。


「お疲れ様ポシル。それよりもよい考えってなんだい?」


『はい。マスター少々お待ち下さい』


 そういうと目の前に飛び降り、体を震わせる。


「なっ!」


 ぐんぐんと目の前のポシルが巨大化していく。

 あっという間に僕よりも背の高い、2m程の大きさになってしまった。


「えっと……どういう事?」


『はい。マスターどうぞお入り下さい!』


 さっきのロットブルースライム程の大きさになったポシルが、やはり嬉々とした言い方で、身体を震わせながら触手で体内を指し示している。


「・・・」


『あー。私とした事が少々焦り過ぎました。マスター。これは、マスターのお身体を綺麗にする為の行為です』


 無言の僕を見て少し冷静になったポシルが説明を入れる。


 行為……。


 女の子?であるポシルの中に入る事がどんな行為に繋がるんだろう。。。


『身体のサイズを2m程まで大きく出来る様になったので、その。ですね。マスターが中に入って貰えればお体の汚れを吸収して、消臭薬で臭いを消す事が出来る様になったのです』


 さすがに御召し物の修繕は出来ませんが…。と照れてる?のだろうか。なんとも可愛い感じで、身体をモジモジさせている。


 それよりも、また一つポシルが優秀になっている。

 いつの間にそんな事出来る様になったんだろう。


「分かったよ。ポシルの中に入ればいいんだね。なんだか自動洗浄機みたいだ」


 理由が分かれば遠慮する事はない。ポシルの中に向かって足を踏み入れる。


 足を踏み入れると、まるでエアドームの様な少し反発のある感触があり、体全体を温かいウォーターベットに包まれた。もちろん息も出来る。


 非常に心地よい感触が体全体を包み込み、程よく刺激する。


 寝れるな…。これは、驚きの寝心地だ。


『それでは洗浄を開始します』


 何か変わった感じは全くしないが、身体中の汚れがみるみる取れ、頭皮の痒みもとれていく。やばい気持ちいい。


 そして髪の毛もさっぱりとしたところでポシルの体から排出?された。


「おー。凄い。凄いよこれ服の汚れも、体の汚れも全くないよ!なんだか髪もさらっさらだよ!」


『ありがとうございます。マスター。あのスライムが腐敗物の吸収を持っていたと伺ったので、それならば汚れを吸収する事も出来るのではないかと。髪も取り込んだ植物から、髪に良い成分を抽出して使っていますので安心して下さい』


 どうやら、その辺に落ちていたボロ布で先に試していたらしく、外見はボロボロだが、布自体は新品同様の元ボロ布を見せてくれた。


 死蔵されているゴブの腰布も綺麗になるんじゃないか?とも思ったが無意味感が凄いのでやめておいた。 うん早く捨てよ。


 応用すれば、部屋中に薄く広がって綺麗にする事も可能という事で、今度使って貰おう。


 BOXから代わりの服と靴を取り出し、着替えを済ませる。


 時間もあまりない為、取り敢えずグーボさんに核だけ預けてから約束の宿に向かおう。


【転移門】


 人の目を気にする必要のない、グーボ防具店の前にゲートを設置し移動する。


「タカヤ。どうしたんだな忘れ物なんだな?」


 店を開けるとすぐに、グーボさんが大きな作業テーブルを設置していた。


 どうやら先程壊した作業テーブルを片付け、新しい少し大きめの作業テーブルを作り設置していたようだ。

 ちょうどテーブルを縦に持ち、テーブルを横にずらしながら顔だけ出し、こちらに話しかけている。


「いえ。スライムの核の納品にと」


「ん?全部揃ってからでいいんだな。纏めて持ってくるんだな」


「はい。ですから各属性スライムの各を5個ずつ。納品させていただきます」


 ミシッ

 折角作ったテーブルから大きな音がなる。


「買ってきたのか?」


「いえいえ。討伐してきたんですが」


 ミシッミシッ!

 更に力が入ったようですでにテーブルに大きな亀裂がはしり、亀裂のせいで修繕不可能な状態になっている。


「いやいや。ありえないんだな。タカヤに頼んで4鐘しか経っていないんだな。2日以内の核はまずは2日かけて自分で討伐する。同時にギルドで魔石購入と冒険者からの核購入依頼。最後の手段で万が一揃わなかったら従魔屋にいって、従魔のスライムを買って核を用意するくらいやって、間に合うくらいなんだな」


 ミシミシとなるテーブルがさらに軋む。

 熊獣人とドワーフのハーフであるグーボさんの怪力を眺めながら、今回の件を思い出す。


 ポシルを100体に分裂して、魔力だまりのトラップまで仕掛けても足りなかった。


 うん?普通じゃ無理じゃね?


「本来は、ギルドに頼る案件だったんですね。まぁ方法は企業秘密ですがなんとか集めました。ちょっと時間がないので、もう行きますね。防具よろしくお願いします。明日またきますね!」


 うんうんと、無言で頷いているグーボさんを尻目に、店を出る。

 店の扉を閉める瞬間。

 バキバキッと大きな音が聞こえた。


 次来るときには、また新しくなってるだろう。今度はもっと頑丈なテーブルであることを祈ってます。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る