第20話 検証

 報酬は計59銀貨50銅貨となった。


 2人で分ける際、スズネが報酬が多すぎると言って受け取らなかったが、最終的に僕が30銀貨、スズネが29銀貨と50銅貨として無理やり渡した。


「じゃあスズネ。今日は有難う」


「ううん。こちらこそおかげで依頼が達成できたし、こんなに報酬も貰えて。またパーティ組めたら嬉しい。そうだ、今日の感謝の気持ちにこれを受け取って。前のクエストの時、たまたま死体があって採取出来たの。それでも報酬は、まだまだ貰いすぎぎなんだけどね」


 -フォレストスパイダーの絹糸-

 ※フォレストスパイダーの糸袋の中から採取可能。絹糸の元となり肌触りがよい。


「いいの?ありがとう!有り難く貰っておくよ。初めての素材だしね。じゃあまたパーティよろしくね」


「うん。こちらこそ」


 ギルドでスズネとパーティを解散し、大通りを北門に向かって歩く。


「おうにいちゃん。今日もどうだい?」

 初日に買った串焼きの店から声がかかる。


「あっおじさん。覚えてるの?僕のこと」


「あたりめぇよ。あんなに美味そうに食ってくれる奴の顔忘れるかよ。俺はスティボーってんだ。よろしくなにいちゃん」


 どうやらあの時、相当顔に出てたらしい。


「じゃあ今日も3本お願い。僕はタカヤです。一応冒険者です」

 そう言って自己紹介しながら銅貨を30枚渡す。


「よろしくな。ほら3本だ。また買ってくれよ!」


「はい。また来ますね。ちなみにこれってなんの肉なんですか?」


 この不思議肉はなんの肉なのか。予想は魔物肉なんだけど……。


「なんだタカヤ。知らないで食ってたのか。これはオークの肉だ。食肉として有名な豚の顔した人型の魔物だな」


 おう。こんなところで定番豚顔モンスターが出てきたか。でも旨いからいいんだけどね。


 美味いは正義だよね。


「オークなんですね。有難うございます。今度狩ったら持ってきますね」


「おっそりゃありがたい。少し色をつけて買い取るよ」


 時間は18鐘を過ぎたところ、少し実験を兼ねて宿に帰る前に色々試してみた事がある。


「まずは気配遮断は、どこまで遮断しているかだな」


 大通りを門に向かいながらスキルを発動する。

 その瞬間、一気に人の視線が感じられなくなった。

 

 ただ、すれ違う人がぶつかってくるような事はなく、障害物を避けるように直前で避けている。


「ん〜。これは完全に消えるわけじゃなく、人として、個人としての認識を阻害している感じか?しばらくは気配遮断を継続して歩いてみるか」


 どうやら本当に認識を阻害しているようだ。

 何かがあるとは分かっていても、それがなんなのか分かっていない。


 目の前にいても、生き物がそこにいるという事自体認識されていない。


 ただ獣人や高Lvの冒険者は、そこがなにかおかしい、ということは認識しているようで明らかに避けていた。


 現状のLvは2。

 2では一般人や、低レベルのモンスターくらいしか効かないだろう。


 恐らく高レベルになれば、今の一般人に起きているレベルくらいの、気配遮断となるのだろう。


 やっぱり神様から貰ったスキルは優秀だね。


「よし。Lv上げのために普段から発動させておくか」


 この世界にきて、様々なチートのような能力を貰ったが、無条件に何もしないで強くなるようなスキルや加護はない。


 とにかく、自分で自分自身の能力を上げていくしかないのだ。


 そのまま大通りをUターンし、ギランさんのいない、いつもと逆側の南門から気配を断って出ていく。


 目の前を通過しても全く気にされることもなく、すんなりと門を通ることができた。


 しばらく歩くとその風景に思わず息をのむ。

 南のエリアは、どこまでも続く森林となっており、北門の草原を初心者の練習用ステージだとすれば、ここからが冒険者として独り立ちできるかの登竜門なのだろう。


 ピロン!

 気配遮断LvUP <Lv2>→<Lv3>


「おっ上手いこと上がったな。流石は実践訓練だ」


 そう今現在、まさにゴブリンたちのグループの中心に入り込み、3体のゴブリン達と一緒に歩いている。


 ゴブリン達の平均Lvは6。北側で初めて討伐したゴブ達のLvは2。


 こちらは北と比べ高レベルのようで、気配遮断のLvが3になるまで、幾度となく"あれ?グループの中に違う奴いんじゃね?"的な雰囲気になったが、そこはゴブリン。勘違いで終わってくれた。


 そして、入り込むこと30分。

 とうとう目的の気配遮断のレベルが上がったという訳だ。


 ちなみに

 ゴブリンA Lv7 剣ゴブ 剣術<Lv2>

 ゴブリンB Lv5 剣ゴブ 剣術<Lv1>

 ゴブリンC Lv6 棍棒ゴブ 棍術<Lv1>

 の3体で、剣は恐らく拾い物であろうボロボロの長剣。棍棒は丸太の持ち手部分を細く削っただけの簡素なものである。


 気配遮断のLvが上がった瞬間から、何かいると言った気配すら全く感じている様子がない。


 ……これほどLv1の違いを実感できるなんて。


 スキルは本当に奥が深いな。これからも検証はしっかりとしていこう。


「そういえば、初日に討伐したゴブの魔石がまだBOXの中に入れっぱなしだ」


 BOXからGランクの魔石を2個取り出す。

 薄っすらと赤色の入った小石程の魔石。


 すっかり忘れていたが、試していないスキルがある。


 ゴブ達のグループの中心を歩きながら、BOXから聖者の短剣を取り出す。


 とさっ

 とさっ

 とさっ


 まさにアサシン。

 ゴブリン達の後ろに回り、背中から心臓を一突き。それを素早く3回繰り返す。


 ゴブリンは、仲間が崩れていくのを気付く事なく、命を散らしていった。


 素早く解体し、右耳と魔石を回収する。

 Lvは違えど魔石の色合いや大きさは変わらない。


 よし、まずは前の魔石からだな。

 確か剣ゴブと棍棒ゴブ

 それぞれ、剣術<Lv1>と棍術<Lv1>だったな。


 そう、僕が試そうとしているスキルとは

 ➖ユニーク➖

 学ぶ者

 解析眼※魔眼 解析を使用可能。

 吸収※他者の技術の経験を吸収 魔物の魔石よりスキル経験値を吸収できる。

 取得経験値UP大※得られる経験値を増大する。


 ユニークスキル 《学ぶ者》 その中の 《吸収》の能力である。


 今までは他者の動きを観察し、学習する事でスキル経験値を上げてきた。


 このスキルのもう一つの効果。魔石からのスキル経験値の吸収を試す。


 てのひらにLv2剣ゴブの魔石を乗せる。

 このゴブリンのスキルは剣術<Lv1>。


 掌に集中しスキルを意識する。《学ぶ者ー吸収ー》


 音もなく、光もなく。ただ静かに魔石から何か。いや。剣の経験が確かに掌から吸収される。


 そして、経験値が吸収され終わった瞬間。静かに魔石は粉々になってしまった。


「流石に吸収後に売るって事は出来ないか。魔石の力を吸収してる訳だしな。それにしてもスキルLvは上がらないのか。でも確かに経験が蓄積された気はするんだよな」


 何度か剣を振りながら前との違いを比べるが、若干振りがスムーズになった感じがする程度だ。


「とりあえず剣術魔石は、全部吸収してみるか」


 2つの魔石を、1つ手に取り吸収させる。


 同じように、剣術の経験値が自分に取り込まれる感じがするが、1個目に比べ少しだが入ってくる経験値が違う。

 また2個目<ゴブリンLv7>と3個目<ゴブリンLv5>も同じ<剣術Lv1>だが、明らかに入ってくる経験値が違う。


 恐らく、本当に魔石内に蓄積された剣術の経験が、そのまま入ってくるのだろう。


 そう考えれば<ゴブリンLv2>の剣術と、<ゴブリンLv7>の培ってきた経験は、まるで違うはずであり、この経験値の違いは納得できる。


 ピロン!

 剣術LvUP <Lv3>→<Lv4>


 おっ上がった。やっぱりきちんと経験値が吸収されてたか。


 剣を一切振らずにLvカンストも出来ちゃうなこれは……。


 さて、次はそれこそ一切棍類を扱ったことがない人間が、どういう感覚になるか。


 てのひらに最初の棍術魔石を乗せる。そういえば、なんとなく今はどの魔石がどのスキルか覚えてるけど。混じったらわかるのか?


 これは間違いなく棍術魔石だけど……。

 おもむろに魔石を確認するための解析を発動させる。


 ー魔石 Gランクー

 スキル

 棍術 2


 あれっ?なんでだ?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る