世界短編傑作集を読む

作者 アカニシンノカイ

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

江戸川乱歩が編集した『世界推理短編傑作集(創元推理文庫)』全5巻を完読し、ミステリーについて再学習、その魅力についてを再確認していこうという著者さんの記録。

いちばん興味深く思ったのは、なんといっても著者さんが魅せる書き手としての着眼点ですね。作品の見どころやキャラクターの魅力、関係性などに焦点を当てるのが通常のレビューですが、こちらの場合、作品の構成や作者の思考、時代性や小説形式の推移まで織り込んで、作品の構造そのものを語っておられるのですよ!

それによって読者である私たちは、名作ミステリーに用いられた技術や工夫を知ることができるのです。結果的に、読み物としてだけじゃなく、入門書としても成立しているのはなんともおもしろいじゃありませんか。

書き手だからこその角度から切り込んで深掘りした、名作ミステリー考察記。ミステリー好きな方、そしてこちらのジャンルへ踏み込もうかとお悩み中の方、ぜひご一読くださいませ。


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=髙橋 剛)