記憶もスマホも家の鍵も無くした二日酔いの中田君が頑張って家に帰るようです

作者 あけがえる

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?