初恋の先生と結婚する為に幼稚園児からやり直すことになった俺

作者 NOV

341

120人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人生をやり直したい。
そう思ったこと、ありませんか?
主人公はある日初恋の人『つねちゃん』の死の知らせを受けます。
それをキッカケに主人公はつねちゃんがどのように暮らしてきたかを知り、自分が告白していればつねちゃんはもっと幸せな人生を送れたのではないか?と考え、激しく後悔します。
そして、そんな気持ちを抱えた主人公は頭痛に悩まされ気絶するように眠り、次に気づいた時には主人公自身は幼稚園児に、時代も自分が幼稚園児だった時代にタイムリープしてしまったと気づきます。
そして主人公はこの不思議なチャンスを活かし、つねちゃんとの幸せな未来を掴むため奮闘を始めます。

昔に戻ることで、主人公にはこれから起こることが分かるというアドバンテージがあります。
それを活かして、主人公はつねちゃんとの未来を変えるために必死に頑張り続ける姿が好印象でした。
途中、つねちゃんとの事以外にも、心残りだった問題も解決していき、こうありたかった自分を実現していくのも面白いです☆
あの時ああしたかった、こうしたかったという心残りって誰にでもありますよね。私も主人公みたいにやり直せたら楽しいだろうなって思いました!