第9話妹はソースを書くようです

「お兄ちゃんお兄ちゃん! 今、世間ではオープンソースがブームらしいですね?」


 またメタいネタを……第二のくぅ疲とか呼ばれても知らんぞ……


「諦めろ、世間の大半はコンパイラなんて意識しないし、自分でソフトを作ろうなんて思わない」


「まあまあ……私たちもちょっとくらい媚びておかないと更新頻度減りますよ?」


「そういう話は好き嫌いが分かれるからやめろって言ってんだよ」


「この前PC組んでもらいましたし何かクリエイティブな活動がしたいんですよ! 芸術の秋! 英語で言うとアート・オブ・オータム!」


「それは別の世界線の俺たちだから! お前はPCもってただろうが!」


 コイツそろそろ黙らせた方がいいな、うん。


「分かった分かった、VisualStudio入れてやるからそれで好きなだけコードモンキーやってろ、な!」


 しかしオープンソースねぇ……また面倒なことを……


 リビングでオープンソースの推進演説をされても困るので妹の部屋に移動する。


「この世界は邪悪なプロプライエタリに支配され……」


 大体過激派の言うことそのまんまだったので俺は聞き流した。

 まあプログラミングやり始めると熱病みたいにかかるししゃーないな……


「いうてPC業界は大半が仕事でやってる奴だしな……諦めたら? お前英語の成績悪かったじゃん?」


 コイツは英語の成績が微妙である、とても英語で要望やバグチケットが送れるとは思えない。

 ただ釘を刺しておかないと機械翻訳で作ったメッセージを送りかねないのでそれとなくやめとけと言っておく。


「でもつたない英語でもコミットしてる人多いですよ?」


「それは英語力はともかくプログラミングができるんだよ、お前なんか書ける言語あるの?」


「ホワイトスペース」


「ほぅ……ならハロー・ワールド素で書けるのか?」


 ちなみにホワイトスペースとはスペースとタブと改行だけで書かれた言語だ、言語自由で紙ベースの課題が出たらごまかすのに使えそうだ。

「ごめんなさい嘘です!」


 さぁて……困った……コイツに知識が無いとオチがつかない……


 俺はWindows派で別にフリーソフト以外認めないというわけでもない、コイツは過激派だがそもそも知識が無い。


「お兄ちゃん……その……」


「なんだよ?」


「いえ……お兄ちゃんの部屋にあった『初めてのC※』ってなんかいやらしくないですか?」


「せやな」







※プログラミング言語Cの入門書、分かる人は分かるお約束ネタ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます