僕が主人公になるまでの物語の物語

作者 真木ハヌイ

48

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

七話くらいで恥じらう山岸さんとの絡みから物語が動きだすシーンがとっても魅力的なんです。
ある方法で世界が切り替わるわけですが、そこはぜひ読んでもらいたいです。

コミュ障ぼっちの主人公も急に可愛くみえます。ネーミングセンスが独特で、異世界の主人公ワッフドゥイヒ? との出会い。舌を噛みそうw 

また中盤で主人公の目標や世界観が明確になるシーンが絶妙です。自作自演からうまれた自己嫌悪を乗り越えるのは、自分だけの物語を自分自身で紡ぐしかないんだと教えてくれます。

実はネーミングセンスと序盤の暗い主人公に萎えて、一時読むのを躊躇してしまいましたが、その後一気読みさせて頂きました。

大抵の異世界ものは途中で飽きる自分ですが、失速しません。後半はワッフドゥイヒことワッフにも違和感ゼロです。

名作を、ありがとうございました。