【第一部】アルセンの方舟 ―国家公認裏ギルド狂騒曲―

作者 不二丸 茅乃

26

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ダークファンタジーは、大人向けとされる。バイオレンスもセックスもサラリと語られるハードな世界だ。
時にだましだまされ、
罠にかけてはかけられて、
手酷く傷つけ傷つけられては、
残酷な現実に血を流し、屍を足場に、彼・彼女は先を行く。

そこにリアリティを持ち込むならば。
流血の惨事を好むものなど、いないだろう。正義が何処にあろうとも。

正しくリアリティを抱く本作品の主人公の目で、恐れながら、厭いながら、裏社会を生きる活劇を体験してみない?

★★ Very Good!!

世界が息づいていて、キャラそれぞれに生きて来た重みを感じる、中々無いとても味わい深い作品だと思いました。ただ完成し切っている分、キャラの人となりが筆者に追いつかず、走り気味に感じましたが、それが背景を深読み出来る余白になってもいる様にも感じました。タイトルからも読みどころを感じるとても良い作品だと思います。
世界観に浸りたい方は是非。