仕入屋錠前屋

作者 平田明

43

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

昔から本当に本当に大好きな作品です。

仕入屋と錠前屋という一般的ではない職業のふたりの話ですが、どの回の話も面白くてついつい読み耽ってしまいます。

私は絵で見て分かりやすい漫画も大好きなのですが、この作品は地の文がこちらの想像力を駆り立てて、小説を読むことの楽しさを思い出させてくれる作品だと思っています。

好みもあると思いますが、地の文はもちろん、作者さまの人物たちの言葉のチョイスが大好きです。(秋野の「馬鹿だね」が特に好きです。)

また哲と秋野は言うまでもないですが、この物語の脇を固めるキャラクターたちも生き生きとしていて、どの登場人物も大好きです。 

哲と秋野の関係性は2人にしか分からない複雑かつ単純な感情でつながっていて、読んでいてニヤニヤとしてしまいます。

私はこの作品を読んでから男前な受けにハマり、いまだかつてこの作品以上の男前受けには出会えていません(笑)

とにかく大好きすぎて何を言っているのかよくわからないレビューを書いてしまいましたが、この素敵な作品に出会えたことに感謝の言葉しかありません。

是非少しでも気になっている方や、男前な男たちの話が読みたい方には読んでいただきたい作品です。