第1章 赤紫色の目

前編 ルナの小屋

 朝日が射す森の中で、ルナはそっと屈み込み、どくだみに手を伸ばした。

 初夏になり、森のそこかしこで白い総苞片が開いている。お茶として飲むこともでき、煮炊きをすれば食べることもできる。皮膚の薬としても使える。ルナは森の恵みをいただき、篭に入れていった。

 深い森は穏やかだった。

 二時間も歩けば活気の溢れる町があるが、こんな深いところまで人が立ち入ることは滅多にない。

 篭一杯に薬草を集めたルナは、自分の住む小屋へ戻っていった。

 黒いローブを羽織り、腰まで伸ばした黒髪を揺らし、鋭い眼光で人を見る。そんなルナのことを、魔女として恐れる人もいた。魔力もないのに薬の力を使い、人々を操る魔女なのだ。そんな噂まで立てられているらしかった。薬草使いの彼女が作るのは人を癒す薬であって、惑わす薬ではない。

 妙な噂が立つものだと、ルナは苦笑いした。

 彼女の小屋は信頼の置ける木こりに建ててもらったものだった。もともと独り暮らしで小さな小屋だったが、二人の弟子を引き取ったときに建て増しをし、三人暮らしでも窮屈しない立派な小屋になった。

 二人の弟子はどちらもまだ十代の若者で、ルナとは親子ほどの歳の差があった。

 小屋の居間に入ると、朝食の準備をしていたエクラが「ルナ、お帰り!」と元気にルナを出迎え、もう一人の弟子のノクスも静かな声で「お帰り」と言った。

 エクラは篭を覗き込むと、わぁと目を輝かせた。

「どくだみね。綺麗」

「虫除けの薬にしようと思って、少しもらってきた。ノクス、食事が終わったら早速取り掛かる。よろしく頼むよ」

 物静かな少年はこくりと頷いた。

「その前に朝ご飯よ」

 居間と一続きになっている台所から、スープのいい匂いがした。

「エクラ、ありがとう。食事にしようか」

 ルナは篭を置くと、にっこり微笑んだ。

 三人はこの森で穏やかに暮らしている。朝には薬草を摘んで製薬の作業をし、午後には思い思いに休憩をして過ごす。気が向けばみんなで小屋の手入れをした。

 時たま、訳ありげな客人が訪れることもあるが、どの客人も大抵静かに去っていく。

 木漏れ日と雨音、星空に包まれながら、小屋の日常は過ぎていった。

 朝食を終えてノクスとともに製薬の作業をしていると、突然ルナの胸にざわめきが走った。それまで穏やかだった森の空気が一変し、風もないのに木々の枝葉がびりびりと震えるようだった。

「ノクス、何か来たぞ」

 心の繊細なノクスにも、何者かが近づいて来ていることが分かるようだった。「一体何だ?」

 奇妙な邪気だった。胸がざわざわした。ノクスも落ち着きなく手を止め、ルナを見た。

 ルナは製薬室を出て居間の出窓から外を眺めた。見慣れた木々がしんと立っているだけで、変わったものは何もない。

 台所の片付けをしていたエクラもルナと一緒に窓の外を覗いた。

「どうしたの、ルナ」

「妙な邪気がする」

「邪気?」

 ノクスも製薬室から出てきた。やはり伺うようにルナを見ている。

「ノクス、エクラ、私は少し様子を見てくる。お前たちはここで待っていなさい」

 ノクスは首を横に振った。

「行っちゃ駄目だ、ルナ。危ないよ」

 ルナは二人に微笑んだ。

「心配はいらないよ。すぐ戻る。留守を頼むよ」

 ルナはそう言い残すと、二人を小屋へ残し、朝日の輝く森へ出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る