プロローグ ~だけど解決編 その2

『S49-40 112 30 39 29 141 18 200 34 11 12 32 91 99

 20 35 64 138 82 98 152゛120 200 44 25 208 61』


 エリーゼさんが続けた。

「ご覧のとおり、数字ばかりで構成されている暗号です。正確に言うと、数字だけではありません。最初に"S"があり、2行目の中央あたりの"152"には『点々』がついております。見たところ、日本語のひらがなかカタカナに付ける『ダクテン』ではないかと思いますが、それは解読の過程で併せて説明することにいたしましょう。

 さて、暗号を解く場合、それがどんな形式なのかを考える必要があります。今回の場合はもちろん、数字を文字に変換するのです。カン式暗号といいます。一つの数字が、日本語のひらがなかカタカナ、あるいは漢字の一文字に対応しているのです。つまり、変換の規則を発見すればよいのです」

「そんなんは俺でもわかっとんのや」

「おや、田之倉恕一じょいちさまも解読されたのですかね。でしたら、私より先に発表していただいても構いませんですが」

「先にお前がせえや。聞いといたるわ」

「恕一さまからは解読したという連絡を受け取っておりませんよ。ご静粛に願います」

 天川先生が指摘すると、伯父は不機嫌そうな顔をして黙った。聞いているだけで6分の1がもらえるかもしれないのに、どうしてあんな顔をするのだろう。伯母も同じような顔つきだ。私自身はどんな表情をしているのだろう。無表情のはずだけど。

「さて、最初に"S49-40"とあります。これは他とは明らかに違う種類のものであるでしょう。とすると、これは文字ではなくて、暗号を解く鍵になるものなのです。しかし、これだけでは何のことかわかりませんから、ちょっと後に置いておくことにします。

 では、他の数字についてはどうでしょうか。数字を日本語に変換するとなると、『12345』を『あいうえお』と割り当てたくなるのですが、ご覧のとおり、"S49-40"の次にあるのは"112"です。ひらがなは50文字ですから、既にあふれてしまっています。カタカナを合わせても100文字ですから、やはりあふれてしまうのです。

 とすると、101以上は漢字が当てはまるのでしょうか? しかし、"152"に『ダクテン』が付いていることに注目しなければなりません。この"152"は明らかにひらがなあるいはカタカナのはずです。何らかの理由があって、『ダクテン』を付ける必要があったのです。

 つまり、ひらがな・カタカナ・漢字を単に順番に従って当てはめるのではないということです。それでもこれがカン式暗号であるのなら、この数字は、何かの『表』にある文字に対応しているのです。1から250くらいまで、数字と文字を対応させた『表』があって、その文字をこの数字のとおりに取り出してくれば、解読できるのです」

「説明長いな。結論は何やねんな」

 また伯父が横槍を入れた。

「アマさまが好きにしてよいとおっしゃったので、解読方法の見つけ方から説明しているのですが、いけませんでしたかね?」

「まあ、ここまではちょっと長かったですが、次にその『表』は何かというのをおっしゃったら、後は結論まですぐという気がしますんで、どうぞお続けください」

 エリーゼさんの問いに、天川先生が冷静に答えた。アマさまというのはどうやら天川先生のことらしい。この二人は以前から知り合いだったのだろうか。祖母がエリーゼさんに解読を依頼したのは偶然だったのだろうか。

「ありがとうございます。では、その『表』は何かを申し上げましょう。それは本でございます。数字は本のページ番号で、そのページの先頭の文字を取り出してくると、この暗号が解読できるというわけなのです」

 私は思わずため息をついた。よくそんなことを思い付くものだ。祖母も伯母もちょっと感心していたようだったが、伯父だけが違った。

「そんなんは俺でもわかっとんのや。そやけど、親父の蔵書で試してみたけど、解読でけへんかったわ」

「あんた、それでこないだから、しょっちゅううちへ来とったんかいな」

 祖母が呆れたように言った。

「当たり前やろ。こんな大事なこと、人任せにする方がおかしいわ」

「それでも、解読でけへんかったら一緒やないの」

「えー、ご静粛に願います」

 伯父と祖母の言い合いを、天川先生が止める。伯父の言うことも正しいけど、祖母の言うことも正しい。やり方がわかっていても、解けなければ意味がない。途中までは正しいという自信があるのなら、それを根拠に他の相続人を説得して、合意の上で探偵に依頼してもよかったと思う。

「ところで、恕一さまは蔵書を全部試されたのですか」

 天川先生が訊いた。

「全部は無理や。親父の蔵書うたら、1万冊は下らんからな。それでも2千冊くらいは試したんや。20日はつかもかかったで」

「それでも大変そうですな。見たところ、25文字以上あるのに……」

「そんなん、最初の3文字か4文字で文章にならへんようやったら、諦めたらええんや。そしたら次の本が試せんねん」

「なるほど、そういうものですか」

「そろそろ続けてもよろしいですかね?」

 笑顔のまま黙って聞いていたエリーゼさんが、天川先生に言った。天川先生もちょっと慌てた様子で「ああ、失礼」と言った。

「エリーゼさん、続きをどうぞ」

「ありがとうございます。田之倉恕一さまは解読できなかったとのことですが、それはもちろん、正しい本を使わなかったからでしょう。そしてその本はどこにあるかというと、おそらくはこの金庫の中にあるのですよ」

 エリーゼさんの指摘に、天川先生が驚く。

「手提げ金庫の中に? そういえば、重さ的には文庫本が一冊くらい入ってそうな感じでしたが……しかし、そうやとすると、なんでエリーゼさんは解読できたんです?」

「その本が何かということがわかっていれば、同じ本を入手すれば解読できるのですよ。それを表すのが、"S49-40"です。もちろん、これが本の名前なのではありません。ある本を、暗号を作るのに使うとき、それが作られた年が重要なのです。ハッコーネンというのだと思いますが、解読にも同じ年のものを使わないといけません。違うと文字の位置がずれて、解読できなくなってしまうのです。ですから私はこれを、ショーワ49年の40版、あるいは40刷であると考えました。40刷というのは長く人気のある本だということがわかります。では、その本は何かというと、これでございます」

 エリーゼさんはソファーの後ろからボディーバッグを取って、中から一冊の本を取り出した。白っぽい表紙に灰色の四角形がランダムに並んでいて、青と赤と黒の四角形もあって、真ん中には『恐怖の谷』とある。

「皆様ご存じかどうか、シャーロック・ホームズ・シリーズのうちの一冊でございます。そしてこの中に、今回のと似た暗号が載っているのです。ただ、この中では、ある本の1ページの中から、数字の順に単語を拾ってくる、という方法ですので、正確には違うのですがね。しかし、今回の暗号の数字を見て、私が真っ先に思い付いたのがこの本なのです。

 それで、これが本当に鍵であるか、確かめてみました。依頼者である田之倉恵さまに電話をして、田之倉恕安じょあんさまがこの本をお持ちだったかを問い合わせました。実際に調べていただいたのはお手伝いさんであったようですけれどもね。しかし、お持ちでないというお返事でした。

 私の考えが間違いであるかとも思ったのですが、考え直して、その他にホームズの本をお持ちであるかを問い合わせました。すると、他は全部揃っているけれども『恐怖の谷』だけがない、というお返事だったのです。

 ですから私はこう考えました。第1の可能性は、他の方が同じことを思い付いて、その本を持っていってしまった。第2の可能性は、恕安さまが暗号の答えと共に隠してしまった。今は第2の可能性の方が正しかったのだと思っています。

 とにかく、お手伝いさんに他の本がどこの出版社のものかを尋ねて、このとおり、同じ出版社のショーワ49年の40刷を入手しました。そして思い付いた解読方法を試してみて、判読可能な文字列が見出せたので、成功した、と判断したのです。

 まず、112ページ。先頭の文字は『こ』です」

 エリーゼさんは本のページを開き、私たちの方に見せた。しかし文字は小さくて、座っているところからではとても見えない。エリーゼさんは本を天川先生と馬下先生も見せた。天川先生はうなずいている。

「次は30ページ、『の』です。その次は39ページ、『あ』です。全部やっていると時間がかかるだけなので、解読した文章をお見せしましょう。これです」

 エリーゼさんがまた内ポケットから紙を取り出してきて、広げてみんなに見せた。


(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る