魔剣が作れるおっさんは、今日も魔力が帯びた剣を生み出したがらない。

作者 リゥル

47

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ダンジョンに囲まれた世界で、そこを冒険する者たちの物語です。

 生活に必要な資源をダンジョンから持ち帰るしかない故に、攻撃に長けるか、回復させられるなどの防御に長ける者が重用され、そうでない者は軽く見られる世界は、「箱庭」と呼ばれている閉塞感を感じさせられます。

そんな中で三番目に震いされる主人公・マサムネと、その仲間たちが繰り広げるのは、閉塞感ばかりではなく、笑う事も楽しむ事もあるリアルな生活が、物語を淡泊にしていないのだと思わされました。

 無謀な事もする、バカな事もする、しかしパワフルである事に疑いない、頼れる……壮年というよりも、おっさんといった方が作中の印象に近いと感じるのは、私だけではないと思います。

 是非、一読を。