2.吉衛トモミの持つ根本的なもんだい

「クラセ先輩、質問」


 何、と彼は後輩に問い返す。ここのとこは? と彼女は譜面の一部分をつ、と指で流す。


「ああ、ここね……」


 倉瀬は軽く数回うなづいた。


「OK、じゃ良く聴いて」


 彼女は黙って大きくうなづく。それはここ一年程、西校舎の階段の踊り場で良く見られる光景だった。

 倉瀬義高は三年になっても「部三役」の面倒を上手くすりぬけ、部活と趣味の両方を満喫していた。

 そしてその傍らには、吉衛ヨシエトモミが居た。その頃にはすっかり彼女も彼のパートに定着していた。

 その目の前に置かれた譜面台の上には、運動部の夏の地区大会向け壮行会用の行進曲。入場する選手達がそれに乗って入って来るはずだ。

 彼女はもうこの時期、倉瀬と同じ譜面で練習していた。

 この部におけるコントラバスのレギュラーは一人である。だが、校内で演奏する機会など、人数に特に制約が無い場合、倉瀬は彼女も「本番」に参加させていた。

 と言うのも、彼女は「やってみないと判らない」体質だったのだ。従って、できるだけ多くの「本番」の機会を持たせなくてなくてはいけない。


 もっとも、倉瀬がそれに気付くには時間が多少かかった。



 彼女が彼のパートに入ったのが前年の修学旅行明けの五月。そして気付いたのは、夏休み直前だった。

 正直、彼もずいぶん苛々させられた。彼は教師でもなければ、生まれつきの聖人君子でもない。ただの思春期真っ盛りの中坊男子に過ぎなかった。いくら相手が年下の女子でも、腹が立てば、顔や態度に現してしまったことも度々あった。

 だが次第に彼は、そんな自分の態度にひどく疲れてしまった。

 何せ吉衛トモミはそんな彼に、ただ不思議そうな顔をするだけだったのだ。

 何故彼が怒るのかさっぱり判らない。そんな表情で次の言葉を待っているかの様だった。一月も経たずに、倉瀬も彼女が何処のパートからも敬遠された訳に気付いた。

 いやそれだけではない。もしやクラスでいじめに遭ってるんじゃないか、と妙に心配してしまう程だった。少なくとも自分のクラスにこんな奴が居れば、そうなるだろう、と。

 だがその様子は無かった。当人も倉瀬にそう告げた。

 さすがに彼も不思議に思ったので、部の同級生に聞いてみた。以前彼女を図書室から引っぱり出した女子である。


「トモちゃん? そりゃあ、前はすごい、いじめられてましたよー」


 やっぱりなあ、と彼は思った。だが。


「……って、前は? じゃあ今は?」

「今はないです」

「何で」


 彼はその方が心底不思議だった。


「だってトモちゃんって、昔からああだったから、同じ小学校だったあたし等は、やっても仕方ないって判ってるし」

「仕方ない?」

「だってあの子、いじめられてるって全然判らないんですよ」


 曰く例えば、上靴を隠されたとする。

 するとトモミは「無くなった」ことに対しては確かに困る。授業が始まっても全く気にせず、慌てて半狂乱であちこち探したりもする。時には朝から給食の時間まで。結局教師が彼女を見付けて教室に引き戻して、ことの次第が判明し、上靴は彼女のもとに返るのだが――― 彼女はそれが誰かの悪意によるものだとは全く考えないのだ、という。

 机の上に花が置かれても、元にあったところに戻して終わり。

 もっと露骨に言葉で攻撃されても、ぽかんと聞いているばかり。「聞こえているの」と詰め寄っても「聞こえているけれど、それがどうしたの」とばかりの態度。


「ぶたれたり、とかは……?」

「んー、それもあったんですけどー」


 やっぱりあったのかよ! 彼は大きくため息をついた。


「ちょっとそれは先生から叱られましたよぉ、クラスの皆。あの子、つねられても叩かれても感じないみたいで、それで気が付くと、腕とかあざだらけになってて、先生が怒っちゃったりして」

「感じない?」

「つねられても叩かれても髪引っ張られても平気っぽくて」


 不気味、と彼女は最後に小さく付け足した。


「だから何やっても、結局先生に気付かれる程、あの子、色々されちゃうんですよ。で、気付かれたらもうクラス中怒られて、またヤな感じに皆なっちゃうんですけど」 


 だが心底本当に訳も判らず、困っている様な顔に、いじめた方も、最後には自分達の行動の無駄に気付いてしまうのだと。その程度に当時の同級生達は人も良かったし、馬鹿でもなかったということでもあるが。


「で、結局、吉衛には友達は居たの?」

「うーん」


 彼女は顔をしかめた。


「あの子は皆友達だと思ってたようですよ」

「お前等は思ってなかった訳?」

「友達も何も。ただの同級生ですよ。皆そう思ってたんじゃないですか? だいたいいつもトモちゃん、休み時間は一人でぼーっとしてたし、部活って部活やってなかったし…… あ、参加自由だったからだと思うんですが。授業の時のペアも…… 体育とか理科とかですね、出遅れるから先生が後で、残った子同士組みなさいって言ったけど」


 うーん、と倉瀬はうめいた。


「えーと…… 頭は悪い?」


 いやぜーんぜん、と彼女は首を横に振った。


「無茶苦茶頭はいいです。ほらこないだの中間テスト、 あの子、学年で八位ですよ?」


 当時彼等の中学では、中間・期末・実力テストの成績は、三十位までの名前と五教科の合計点数がずらりと貼り出された。……ちなみに彼はその中に入ったことは一度たりとも無い。


「マジかよ。それでどーして、ああなんだ?」

「知りませんよぉ」


 簡潔かつ、的確に後輩は返事をした。そうだよな、と彼もうなづいた。だが次の彼女の言葉には彼は驚かされた。


「まあ何か憎めないんですけどねー」

「……って、嫌いじゃないのかよ」

「嫌いなんて別にあたし言ってないですー。だってあの子、ものすごい努力のひとですもん」

「努力の?」

「うん。あの子頭いいんだけど、体育はもう、ものっ凄く、できないんですよね」


 そんな気はする、と彼は思った。まだ知り合って一ヶ月程度だが、何度屋上から踊り場の階段を踏み外したことか。


「高いとこも怖いから昔っからジャングルジムも昇り棒もできないし太鼓橋も立って渡れないし。逆上がりとかも落ちるの怖いってできないんですよねー」


 ものすごく、納得できる様な気がした。


「でも最後にはやっちゃうんですよね」

「へ?」

「だからもの凄く、やるんですよ。何度でも何度でも。できるまでやるんですよ。ただ体育の時間がお昼にかかると大変でしたよー、あの子なかなか戻って来ないから、当番だったりすると皆で『またトモちゃんが居ないーっ!』って」

「……それって凄くない? それで何で頭はいいんだ? いや逆か。頭いいのに何でそうなんだ?」


 そーう、と彼女は大きくうなづいた。


「だから、そこが問題なんですよねぇ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます