『29』~結び~

作者 葵 しずく

161

59人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とにかく登場人物の設定が濃い!
主人公とヒロインが濃いのは当然として、サブに当たる登場人物までしっかりと作り込まれていて、1章の最終話から一気に引き込まれました!

詳細をここに書き込むとネタバレになって、作者様に迷惑をかけてしまうので割愛しますが、サブの登場人物で違う作品が書けると思えるほどに、皆イキイキと描かれていてとても好感が持てます。

サブは所詮サブで主人公とヒロインの物語を盛り上げる立ち位置であるのが普通だと思いますし、それが悪いわけではないのですが、この作品のようにそれぞれに物語があるのは当然だと言わんばかりの描写に、感動しました。

これはタグにもありますが、恋愛物語でありヒューマンドラマでもある、そんな作品です。

4章最終話まで一気読みしてしまって寂しく思ってたのですが、なんと今日から5章が始まるという事で、助かりましたw

皆さんもこの作品の世界に是非飛び込んでください!おすすめです!

★★★ Excellent!!!

瑞樹の傷つきながら、心の奥底にある誰かに
助けて、欲しい!人を信じたいという切実な
思いが、とても胸に染みます!
そのため、ある種の非現実的なシチュエーションもとてもワクワクして読めます!
第二章始まりましたが、間宮と瑞樹の
幸せな顔を見たいという思いで期待感しか
ありません。
また、作者の方が大したことのないコメントに対しても、絶妙な返信くれるのも醍醐味のひとつです!
是非、読んで見てください

★★ Very Good!!

 関係ない、それどころか親切心を向けてくれた見ず知らずの相手に、ささくれた心のままに筋違いの悪意をぶつけてしまう。
 その後悔を募らせながら、その相手と再開を果たすが相手は自分のことを認識していなかった。
 人柄に触れ好意を抱くも自分の過ちを打ち明けて謝ることができず、そんな自分の弱さに打ちひしがれてしまう。
 そうした人間らしい葛藤がよく描かれていると思います。
 また他のキャラクターも生き生きと描かれていて魅力的ですね。
 やや「!」を多用し過ぎている気もしますが。

 物語としてよく描かれていてかなりの良作です。
 まだ小説としての書き方に粗い部分はありますがそうした指摘をした際にはしっかりと受け止める、書き手として成長しようとする姿勢が見える方で今作の終わりだけでなく、次回作も期待ができます。

★★★ Excellent!!!

IT関連の営業マンをしている主人公。
仕事帰りに駅のホームで偶然キーホルダーを拾う。
その落とし主である女子高生に出逢うが、激しい罵声を浴びせられてしまう。

出逢いは最悪。
その二人が運命的な再会を果たす。

8日間のゼミの合宿。
そこでなぜか講師陣に主人公が……。

とても丁寧に描かれた心理描写と情景描写。なかなか素直になれない元気いっぱいの女子高生が魅力的に描かれています。

29歳と18歳。
合宿を終えて、少しだけ距離を縮めた二人。
じれったい恋の行方は……。

続きが楽しみです。


(2章 終話 仲間達との誓い……そして自分へのけじめ act6 拝読後のレビュー)