第25話 瑠璃の中

 よく晴れた空、穏やかな海、そしてゆったりと吹くあたたかな風。

 これから向かう先を知らぬかのように、気球は空を滑っていく。

 向こうから鬼が飛んできた。翼のある鬼の背に、翼のない鬼が乗っている。気球に乗ってから見かけたのは、これで何頭目だろう。どいつも気球を見るものの、こちらを避けるようにしてそのまま陸へと向かっていく。

 高い所に少し慣れたのか、憲は焔の着物を掴みながらも鬼を目で追った。


「鬼ども、襲ってこないね」


 そう言って咳込む。


「まあ、こんな得体の知れないもんに乗っているのを襲うより、人里に行ったほうが色々奪えるからな」


 憲と焔の会話を聞いて思い出す。そういえば以前、長様のお屋敷の前で鬼に襲われた時、抵抗する「面倒」なあたしよりも、「もっといのちの強そうなもの」を、と言って、どこかへ行った。

 鬼は人間や亜人よりも二回りは大きく、獣の皮をまとっている。その姿や雰囲気から、見境なく牙をむく獣のように考えていたが、そうではないのかもしれない。


「皆さんは、不思議と思いませんか。今の鬼もあっちから来ましたから、鬼ヶ島へ向かってまっすぐ飛んでいるんだろうと思います」

 

 レオンが難しい顔をして呟いた。変な所へ吹き飛ばされているわけでもないのに、どうしてこんな表情をしているのだろう。彼は風に触れるように手を上げて言葉を続けた。


「風がずっと同じ向きです。そして同じ強さです。わたしは何もしていません。ただ流されているだけです」

「流されてって、なんか言い方こええな。別に気にするなよ。運がいいだけだろ」

「運……ううむ」


 焔の言う通りだと思うのだが、レオンはまだ難しい顔をしている。

 彼があまりに難しい顔をしているので、少し不安になってきた。隣に座っている凱と目が合ったので、首をかしげてみる。彼も不思議そうに首を傾けた。

 すると今まで吹き続けていた風がぴたりと止まり、気球が驚いたように揺れた。憲が変な叫び声を上げて焔にしがみつく。


「ほら見ろよ。せっかく吹いていた風に文句なんか言うからよ、風が臍曲げて止まっちまったじゃねえか」


 レオンが慌てて火に木片をくべる。やがてさっきと同じように風が吹き始めた。


 凱と顔を見合わせ、ほっと微笑みあう。

 そういえば、凱と一緒にいると、いつも風に包まれているような気がするな、と思う。




 全てが青色に染まった中を、延々と飛ぶ。

 風が乱れたのは一度きりで、その後はずっと穏やかな風が吹き続けていた。

 海を見下ろしても、空より青さが深いというだけ。たまに小さな島はあるけれども、どこも鳥くらいしか生き物はいなそうだった。

 昨日聞いていた謎の渦も見かけない。鬼に遭遇しても、奴らは気球を避けるように飛んで、そのままどこかへ行く。


「あれは……」


 町を離れてから、一体どのくらい経った頃だろうか。レオンが指さす方向に、黒い島影のようなものがあった。

 皆が一斉に見る。あれはなかなか大きい。しかし「島」というより「物凄く大きな岩」のようだ。


「あれが鬼ヶ島、かなあ。でもなあ、ううん」


 憲が首をひねる。あたしも一緒に首をひねる。あれ、なんとなく想像していた「鬼ヶ島」とは、規模も様子も違う。

 とはいえ鬼ヶ島の可能性がなくはないから、お腹に力を込めて気合を入れる……。


「おい小夜! いくらなんでもくつろぎ過ぎだろ!」


 いきなり頭の中に焔の大声が響いた。それと同時に視界が開ける。

 焔が呆れたようにため息をついていた。


 まさか、あたし今、眠っていたのか。


「ごめ……」


 謝ってはみたものの、頭の中を違和感が駆け巡る。

 確かに昨夜はほとんど寝ていない。だからといって、変な島が見えているこの状況で寝られるほど、あたしは図太くない。

 それなのに今、深く眠ったところをたたき起こされたような、妙な体の重さを感じる。


 風が止んだ。気球が揺れる。体を支えようと凱の腕を掴んだら、彼の首ががくんと前に落ちた。

 凱も、気球の揺れに気づかないほど深く眠っていた。


「凱!」


 腕を揺らしながら声をかけると、びくりと体を震わせて目を覚ました。ぼんやりとした目であたしを見る。


「ちょ、ちょっと待ってくださいよ。凱さんもですか。一体どうしたんです」

「すみません……。おかしいな、眠くなかったのに、急に」

「あ、それ、あたしもそうだった。急に寝ちゃったの」


 いくらなんでも、二人とも変だ。凱は頭を軽く振った。


「凱、昨夜眠っていないんじゃない?」

「はい。今日の……」


 何かを言いかけ、口を閉じる。下を向いて眉間に皺を寄せ、苦しげな表情を見せる。そしてふっと笑ってあたしの耳元で囁いた。


「昨夜、桃色の光をまとった月が舞い降り、私を柔らかなかいなで包んでくれたのです。それがとても嬉しくて、月が私のもとから空に帰った後も、愛おしさが胸に満ちて眠れなかったのですよ」


 にっこり、と微笑む。だが彼の言葉を聞いて、あたしの頭の血はいつもみたいに沸騰しなかった。

 その言葉に、嘘が混じっているのを感じ取ったのだ。


 下を向いて眉間に皺を寄せた時の表情。あれは、月を使ったたとえ話を考えているようには見えなかった。

 本当のところは分からないけれども、あの表情からして、たぶん、今日のことを考えて眠れなかったのだろう。でも、そんなことはこの場で……いや、あたしに言えない。

 だからあたしは、凱の「格好つけ」を受け止める。


「がっ凱! よくもまあこんな状況で、つるつるつるつるそういう言葉が出てくるな!」


 拳を振り上げてみる。凱が軽く身を引く。視界の端で、レオンがぎょっとしたような顔をしていた。


「小夜、危ないからおとなしくしていろ。全く、二人とも呑気にもほどがある」

「だって、だって、凱がっ」


 あたしの言葉はそこで途切れた。

 気球が大きく揺れ、傾く。

 今まで順調に飛んでいた気球は、前に進まず、不安定に揺れ続ける。

 後ろを飛んでいた気球二台が追いついた。だがあたしたちの気球と並んで止まり、揺れている。

 まるで、目の前に見えない壁があるかのように。


 風は吹いているが、ごうごうとあたりを渦巻くばかりだ。台の上の火は、風を受けて大きく膨れ上がっている。


「なんだって急に動かなくなっちまったんだ。おいレオン」

「ちょっと待ってください。風が乱れて、どうしたら」


 レオンは明らかに混乱している。それは他の気球も同じらしい。はっきり声が聞こえるわけではないが、どの気球でもわあわあと騒いでいるのが見える。


「あ、あのさ、もしかして」


 憲は焔を掴んでいた手を離し、前方の島を指さした。


「子供みたいなこと言うけどさ、気球が動かなくなったの、あれが何か特別な力を出して、行く手を阻んでいるのかな」


 今まで見かけた、緑に覆われた島ではなく、大きな岩の塊のような島。

 今、おそらくここにいる全員が、彼が続けようとしている言葉がわかっている。


「そして、もしかしたら、あれが、鬼ヶ島なのか、な……」


 ぐらぐらと揺れる中、目を凝らす。

 島の様子がはっきり見えるほど近くではないが、ここから見る限り、やはり「島の大きさをした、物凄く巨大な岩」だ。ひたすらごつごつしていて、緑もなさそうだし、何かが動いているのも見えない。

 あたしは「鬼ヶ島」というのは、それなりの大きさのある島で、木々に覆われていて、真ん中に大きな山があるようなものを想像していた。

 だってあんな岩では、いくら鬼でも生活できないだろう。


 いや。あたしの想像なんかどうでもいい。

 今、はっきりしている問題は、気球がこれ以上先に進まないということだ。


「小夜さん、大丈夫ですか。顔色が」


 凱があたしの顔を覗き込む。その時になって、あたしは自分が全身ぐっしょりと汗をかいているのに気がついた。

 心の臓がばくばくと暴れまわっている。普段は存在すら忘れている背中の傷跡が疼く。息がうまくできない。苦しい。気持ち悪い。


 だが、おそらくそれは凱も一緒だろう。

 彼は真っ青な顔に、びっしりと汗を浮かべていた。


 彼の顔に触れようと手を伸ばす。

 それと同時に気球が大きく傾き、よろめく。

 ゴウ、と大きな音を立てて、前方から空気の塊のような風が吹きつけ、気球を大きく揺らす。

 台の上の炎が一気に膨らむ。

 火は、暖かな空気が詰まった巨大な布に燃え移った。


「うわぁっ!」


 全員の叫びをよそに、火は布を伝って燃え広がる。レオンが台の火を消す。だが燃え移った火は、あたしたちを嘲笑あざわらうように勢いを増す。


 気球が大きく傾く。

 皆が同じ方向に傾く。

 足が床を滑り、何かに引っ掛かり、体がふわりと宙に浮く。


 宙に浮く。

 足元に床はなく、気球はなく、何もない。

 時がゆっくりと流れる。

 凱も、ほかのみんなも、青い空に散らばっていく。

 少し遅れて、他の気球からも悲鳴が聞こえる。

 墜落していく気球の残骸と一緒に、あたしたちも青い海へと墜ちていく。




 宙に浮く。

 足元に床はなく、何もない。

 いや。

 あたりが全て、透き通った瑠璃色に染まっている。あたしは今、水の中にいるようだ。

 息をしているし、濡れている感触もない。けれども確かにここは、水の中だ。


 そういえばさっき、気球から墜ちた。

 じゃあここは、死者の世界なのだろうか。なんの痛みもなく、つい先ほどまでの苦しさもないし。

 いや。違う。

 ここは、水の中だ。なぜかはっきりと、わかる。


 あたりには他の人たちも漂っている。

 あたしたちの気球に乗っていた全員がいる。他の気球に乗っていた人たちもいる。ほとんどの人が、気絶しているのか眠っているのか、目を閉じて漂っている。


「小夜さん」


 目を覚ましていた凱が声をかけてきた。水の中なのに。話し声ははっきり聞こえ、彼の口からは泡も出ていない。


「ご無事でしたか」

「ええっと、これ、無事って言っていいのかなあ」


 随分ととぼけた会話だ。そういえば、どうして今、あたしの頭の中は、こんなに穏やかなのだろう。

 気球から墜ちて、気がつくと水の中にいて、でも息をして、会話をしているというのに。


 ぐるりと体を動かしてみる。宙に浮かんだような感覚のまま、体がゆっくりと回転する。

 他の人たちが次々と目を覚ます。彼らは少しの間ぼんやりとした後、互いの姿を見て大声で騒ぎだした。


「俺ら、どうしたんだ」

「死んじまった!」

「水? 海? え?」


 自警団の人たちが話しているのは、あたしたちの国の言葉だ。彼らは普段、知らない言葉で話しているし、あたしたちの国の言葉は訛っている人が多い。けれどもごく自然に、あたしがわかる言葉を使っている、ように聞こえる。


 ごぽん、と瑠璃色が揺れ、体が揺れる。

 瑠璃色の向こうから、二つの人影が滑らかに近づいてくる。


「私の海に墜ちたのが、幸いでした。反対側では助けられなかった」


 水の中に声が響く。人影がはっきりと姿を見せる。

 一人は人間の姿。そしてもう一人は人間に翼が生えた姿。

 白く立派な翼と、唇。かつてのあたしと、同じ姿だ。


「あれだけ強い神の気を出していたのに、すっかり肉のついた姿になっている。ヒトとして育つというのは、おそろしいものです」


 水の全てが響くような声。男とも女とも、子供とも老人ともつかぬ声。話しているのは、翼のない方のようだ。

 二人とも、ヒトより二回り以上大きい。白いゆったりとした着物を着ており、翼のない方は、背丈より長い青色の髪を、瑠璃色の中いっぱいに揺らめかせている。よく見ると瞳も青い。

 そして翼のある方は、黒い瞳に黒い髪。そんなところまで、あたしに似ている。


 彼ら……彼女ら、か、どっちだろう。とにかく彼らは、誰だ。


 皆、色々なことを言って騒いでいる。あたしと凱は、並んで浮かんで、彼らと向かい合う。


「舟で行こうとしていたなら、海に渦を作って阻めたものを。空を飛んでまで鬼の棲む島へ行きたかったのですね」


 海に渦を作るって、なんだ。まさか今まで彼らが海を渦巻かせて、舟を進めなくしていたとでもいうのか。


 彼らは互いの顔を見て、ゆったりと微笑みあう。

 そしてあたしたちを見る。


「ヒトとして生まれ育ったのに、こんなにも強い神の気を持っている。これなら、あの島に道を作れるかもしれない」


 青い髪の方が、凱へ手を差し伸べる。


「はじめまして」


 柔らかな微笑みを向ける。


「人間の肉を持った、幼い風の神。と」


 翼のある方が、あたしへ手を差し伸べ、口を開く。


「風の神の使い」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る