5 鬼ヶ島へ

第24話 想いを込める

 気球で空を飛ぶには、大変な前準備がある。それらを海風が吹き始める前に終わらせなければならない。準備は、鬼ヶ島へ行かない自警団の人たちがしてくれる。

 せっかく早起きしたのだから、彼らの手伝いでもしよう。


 暗い廊下に、自分の足音がちいさく響く。しばらく歩くと、どこかから物音がした。

 音の方向を頼りに台所を覗く。そこにはみさをさんと麗さんがいた。


「おはようございます……って、ちょっとみさをさん、大丈夫?」


 みさをさんは大事そうに何かを持って、ぼんやりと立っていた。様子がおかしい。彼女は黙って頭を下げた。

 すり鉢を持った麗さんが、少し驚いたような顔であたしを見る。


「あら小夜さん、随分早いのね」

「いやあ、あたし早起きなんですよ。それより麗さんって、こんなに早くから働いているんですか。住み込みじゃないんでしょ」

「今日だけよ。それにこれは仕事じゃないの。昨日、みさをさんと決めたのよ。ね」


 麗さんが笑いかけると、みさをさんは泣き出しそうな笑顔を見せて俯き、手に持った何かを強く握りしめた。

 

「小夜ちゃんも、焔も、みんな、鬼退治しに行くでしょ。だからせめて、力になるものをって」


 言葉が途切れ、みさをさんの両目が潤む。


「焔、食べるの好きなんだよ。鬼退治の時、お腹が空いていたら力が出ないと思うんだ。それを麗さんに言ったら、きっとみんなそうだよねってことになって、今からみんなに黍団子を作るんだけど」


 両手をあたしの前に出す。握っていたのは、赤茶色の平べったい治療石だった。


「これ、昨日、若様からお借りした石なんだけど、赤碧玉せきへきぎょくって言うんだって。昨日、焔が『元気になれ、元気になれ』って、ずっとこれで撫でてくれて、そうしたら凄く気分が良くなって、ってことは、もし、私みたいな体の悪い女が作った団子を食べたら、この石とは逆に、みんなの調子が悪くなっちゃうかもしれないって。でも……」


 石を握りしめ、俯く。彼女の後ろにある釜からは、甘くふっくらとした匂いが漂っている。もうすぐ黍が炊きあがるのかもしれない。

 あたしは笑顔を作り、みさをさんの薄い肩をぱんぱんと叩いた。


「いやいや、んなわけないじゃん。特に焔なんてさ、みさをさんが作ったーってだけで力出まくると思うよ。あいつ、その辺単純そうだし」


 最後の一言は余計だったな、と後で気づいたがもう遅い。幸い、みさをさんは気分を害さなかったようで、ふふっと少し笑ってくれた。


 正直、そんなことで悩まないでよ、とは思った。ただ、この気持ちの揺れはどうしようもないのだろう。

 これ、たぶん妊娠のせいだ。

 長様の奥様もお子様を身籠っているとき、なんでそんなことでと思うようなことで、泣いたり笑ったりしていた。

 みさをさんは、こんな不安定な心の状態で、大切な人を鬼退治に送り出すのか。


「自分の具合がうつるかも、なんて考えて団子作るのやめようよ。それより大事なのはさ、大切な人を力づけたい、っていう想いを込めることだと思うんだよね」


 そういえば、昨日、凱がちょっと似たようなことを言っていた。


「想いを込める」


 麗さんがぽつりと呟いた。

 動きが止まる。その視線は、みさをさんを見ているようで、なにかほかのものを見ているようだ。


「あたしも一緒に団子作るよ。気球の手伝いしようと思ったんだけど、こっちのほうが得意だしね。みさをさん、今は具合、大丈夫なの?」

「うん。これ持っていると、吐き気とかしないんだ」

「じゃあ作ろう作ろう。それ、とりあえずしまっておこうか」


 彼女が握りしめていた石に触れる。

 途端に指先が激しく痺れ、思わず石から手を離してのけぞった。痺れは腕から肩を駆け抜けていき、びりびりと全身に広がっていく。


 この「気」は、桁違いの強さだ。


 あたしは石の入った水を飲んだりすると、びりびりと痺れるような感覚を覚える。これは悪いものではなく、石の力を体が感じ取っているためだ。

 だが、今まで石を触っても、こんなに痺れたことなんてない。

 きっとこの痺れは、石の力じゃない。焔の強い想いの力だ。

 大切な人を癒してあげたい、という想い。


 黍が炊きあがった。丁寧につぶし、丸めていく。

 黍が冷めるのを待っている余裕はない。熱いまま、食べやすいよう小さく丸める。

 熱で掌が赤くなり、ちくちくと痛む。それでも手を休めず、三人で黙々と団子を作る。

 想いを込めて。


 どうか、この団子が力になりますように。

 どうか、この想いに守られますように。


 どうか、無事に戻れますように。




 胡麻をまぶした黍団子ができあがった。それらを三つの大きな盆に載せ、気球のある広場へと向かう。


 崖に面した広場には、すでに三台の気球が準備を終えて待っていた。

 あたりには、町中まちじゅうの人たちが出てきたんじゃないかというような人だかりができている。皆、知らない言葉で何かを話し、気球を指さしている。

 気球はすぐにでも飛び出せる状態のようだ。舟にくくりつけられた巨大な袋は、ぱんぱんに膨らんで浮かんでいる。

 想像していたものよりもずっと大きい。これに乗って青空を飛び、鬼ヶ島へ行く、と思うと、体の内側から不思議な震えが湧きあがった。


 遥か上空を鬼が飛んでいた。だがこれだけ人が集まっている所を襲う気はないらしい。そのままどこかへと飛んでいく。

 呑気に飛んでいられるのも今のうちだぜ、と思う。


「鬼退治へ行く皆さーん。黍団子があるんで、よかったら食べてくださーい」


 盆を掲げて叫ぶ。自警団の人たちや、凱たちが振り向いた。あたしの後ろで麗さんが知らない言葉で何かを言うと、自警団の人たちがわっと集まってきた。


「小夜姉、部屋にいないからどうしたのかと思ったよ。凱さんが凄く心配し」


 憲はそこまで言うと、何度かせき込んだ。喉を押さえ、苦しそうな声を出す。

 凱が近寄ると、憲は首を横に振って笑顔を見せた。


「うわあ、ごめん。団子作りに混ぜてもらってた。お詫びじゃないけどこれ食べて。三人で作ったんだけど、なんか凄い量になっちゃったんだよ」

 

 全員がお腹いっぱい食べられるように、あえてたくさん作ったのだが、そんな恩着せがましいことを言ってもしかたがない。そうこうしているうちに、三人が持った盆めがけて四方八方から手が伸び、みるみるうちに団子が消えていった。

 凱が手を伸ばす。大事なもののように、そっと団子をつまむ。


「これは……」


 団子を食べた凱があたしを見る。


「ん、どうしたの? きな粉のほうがよかった?」

「いえ、こちらもとてもおいしいです。ううん……」


 団子をつまんでいた指を動かし、首をかしげる。


「なぜでしょう。治療石のような痺れと、力がこみ上げるような感覚が……」


 その言葉に、あたしの隣にいた麗さんが微笑んだ。麗さんとみさをさん、三人で顔を見合わせ、微笑む。


「そりゃあ、特別な団子だもん。なにしろあたしらの想いがぎゅうっと詰まった、この国一番の黍団子だからねっ」




 鉄砲や刀の積み込みが終わったので、気球に乗り込む。あたしたちの気球には、操縦係としてレオンが一緒に乗り込んだ。

 舟の中央に据えられた、背の高い台で火を焚いている。想像していたよりも激しい勢いの炎で、ちょっとこわいくらいだ。暖められた空気が頭上の袋を膨れ上がらせている。

 ごうごうという炎の音、気球を繋ぎとめている縄がぎしぎしときしむ音。そして広場を満たす、歓声のような嘆きのような、祈りのような声。


「レオン!」


 麗さんが駆け寄ってきた。知らない言葉でレオンと二言三言話し、強い瞳の笑顔を見せる。胸の前で両の拳を握りしめ、力を入れる。

 レオンは笑顔で何かを言い、麗さんの髪をくしゃっと掴んだ。

 麗さんの口元が歪み、瞳が滲む。

 一度、ぐっと上を向き、レオンに満面の笑みを見せる。


「焔」


 みさをさんが差し出した手を、焔は強く握った。


「ちゃんと休んで、めし食えよ。帰ったら、また黍団子作ってくれよな」


 ひょいと身を乗り出し、みさをさんのお腹に触れる。


「父ちゃん、行ってくる。お前が生まれたらよ、父ちゃんの武勇伝、嫌んなるまで聞かせてやるから覚悟しろ」


 お腹から手を離す。

 みさをさんと見つめあう。


 準備をしてくれていた自警団の一人が何かを大声で言った。それに何人かが応え、手にしたなたを振り上げる。

 地上に繋ぎとめていた縄が断たれ、気球は目眩めまいのように揺れた後、ゆっくりと浮かび上がった。


 広場にいた人々が歓声を上げる。彼らの背を超え、屋根を超え、木を超える。崖の向こうの海がどんどん広くなり、町がどんどん小さくなる。

 太陽がまぶしい。地べたから見上げるしかなかった太陽が、あたしたちに手を広げている。


「わたしは操縦しなさいと言われた時、緊張しました。うまく飛べているみたいです。みんなも大丈夫そうですよ」


 レオンの言葉通り、ほかの気球もちゃんと空に浮かんでいる。海と空が曖昧な青色の中にぽかんと浮かんだ気球は、なんだか可愛らしい。

 憲は高いところが苦手なのか、焔の足首を掴んで丸まり、震えている。からかってやろうかとも思ったが、照れ隠しで無駄に暴れられたらそれこそこわいので、ぽんぽんと背中を叩くだけにした。


「不思議な風向きです。でもよかったですよ。鬼が飛んでくる方向に向けて……向かっています」


 レオンがそう言うと、凱はほっと息をついてあたしを見た。

 微笑みあう。

 指先が触れる。

 穏やかな風が、気球をそっと海の向こうへ連れていく。


 よかった。まずはうまく飛べた。

 この調子なら、空中で鬼の集団にでも遭わない限り、大丈夫だろう。

 天気もいいし、いい風が吹いているらしいし、このまままっすぐ鬼ヶ島へたどり着きそうだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る