生配信2 配信後

 配信後、俺たちはお互いの足を引っ張ることをせず、黙々と『マリオ』を進めていた。


「あ、そこ気をつけてくださいね」


「ここ? どこに気をっと! あ、あぶねー。なるほどね」


 11時から3時間配信をすると、もう終電はない。帰れないわけではないが「泊まってけよ」と聡太さんが言ってくれたので、ご好意に甘えさせてもらう。


 配信中のプレイは演技だったのでは、と思うほど、マリオとルイージが協力し、ステージをクリアしていく。


「配信、どれくらいの人見に来てくれてました?」


「俺んところは、4000ぐらい。お前は」


「1200ぐらいですね。聡太さんに吸われました」


 誰かとコラボすると、どちらか1人にリスナーが偏ってしまうことがある。この現象を、吸われると俺は言っている。


「そんなことはないだろ。フォロー差だな」


「フォロー差ですか」


 まあ、フォロー約30万人と15万人。どっちの方が視聴率を稼げるかなんて火を見るよりも明らか。


 納得したくないが、納得せざるを得ない。


 マリオを真剣にやる聡太さんを見て、少し助言をもらうことにする。


「登録者数どうやったら増えますか?」


 真面目な質問に、聡太さんの手が止まる。いや、俺も操作を止める。


 マリオとルイージがノコノコにやられ、『New スーパーマリオ』自体、少し中断。


 俺の一言で空気が変わった。これは真面目な話をするときの空気だ。


「んん、難しい質問だな。登録者数は、見てる人の好みで増えたり減ったりするし、俺だって毎回それで悩んでるし」


 聡太さんでも、そこが悩みなのか。


「俺の助言で増えるか分からんけど良い?」


「はい。お願いします」


 30万人に届きそうな人の意見だ。参考できるものは参考しよう。


「そうだな。一つは配信数を増やす。増やして、多くの人に見てもらう。お前の場合は、23時配信だけじゃなくて、昼にも配信をする。それだけでも、数十人は増えると思う」


 確かに。23時からだと、見る人が限られてくる。昼や夕方なら多くの人に見てもらえるかも。


「あとは、多くの人とコラボ配信をする。これは俺の実体験。いろいろな人の配信にお邪魔することで、その人しか見てないリスナーさんが目をつけてくれる」


 実体験か。そんでもってコラボ。でも、コラボするとなると1つ問題が。


「コラボって結構難しくないですか? コラボ相手が俺のことを知らないと、コラボできませんよね?」


 知らない人とコラボすると、結構疲れる。というのも、気を使うことが多いからだ。相手に迷惑をかけないように、かつ面白くしなくてはならない。


「まあ、そこは当たって砕けろってやつだな。Twitterで連絡するしかない。俺はそうした」


 なるほど。当たって砕けろか。これ二つともできそうだな。


「まあ、頑張れ」


「ありがとうございます」


 頭を下げて、感謝の言葉を述べる。


「やめろ、やめろ! さあ、続きやるぞ!」


「はい」


 照れているのか耳まで真っ赤。さあ、じゃあやりますか!


 それから1時間ぶっ通しでマリオを進める。しかし、この時気づかなかった。


 スマホがピコン、ピコンと鳴っていることに。



『夜遅くにすみません。サキサキこと、佐々木美玲です。今日の配信、聡太さん側から見させていただきました。とても面白い配信で、思わず、蒼さんのところにコメントを送ってしまいました』

『もしよろしければ、今の日付から2日後、コラボ配信をしていただけないでしょうか。お暇でなければ別の日でも構いません。ご連絡お待ちしてます』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます