生配信1 格ゲー4連敗

「どうも。今日もゲーム配信! 配信者はお馴染みTakiチャンネルの滝です」


 お決まりの自己紹介で配信を始める。


 現在の配信視聴者数は128人と100人超えているため、出だしは良い。まあ、出だしが良かろうが悪かろうが、いつも通り配信をするだけなのだが。


「ええ、まいみさん、リョウタさん、翔太さん、こんばんは」


 コメントを一番上から読み上げていく。全ては流石に読めないので、上から10人程度。


 コメントを読まない配信者もいるが、俺は読んでいくようにしている。


 15人分の視聴者の名前を呼び終え、今日のゲームについて紹介していく。


「はい、皆さんコメントありがとうございます。では、今日やるゲームを紹介をしていこうと思います。動画タイトル通り、今日は格ゲーをやっていきまーす」


 動画のタイトルは『格ゲー3時間。技を決めて、決めまくれ』と、格ゲーやる気満々のタイトル。


 俺自身、格ゲーをやる気満々。


 コメントを目で追っていると、『どの格ゲー?』『鉄拳、ストファイ?』『いやいや、DOAでしょ』と流れてくる。


 格ゲー、略さず言うと対戦型格闘ゲーム。ファミコン時代からあるジャンルだ。


 有名なのは、カプコンの『ストリートファイター』シリーズやバンダイの『鉄拳』シリーズだろう。


 コメントに出てきた『DOA』---『DEAD OR ALIVE』はコーエーテクモが開発した格ゲー。シリーズ化しており、人気のある格ゲーだ。


 この3作品の中、というか3作品全てやっても良いが、今日は予定通りに配信しようと思うので、


「ええ、リスナーさん達がコメント欄でいろいろと予想されていますが、その3作品ではなく、違う作品をやろうと思ってます。任天堂が開発した格ゲーと言えば?」


『まさか』

『きたあああああああ』

『そう言えば、あれも格ゲーか』

『↑あれ言うなw』


 任天堂が出した格ゲー。俺の知っている中では、この作品しかない。


 コメント欄でも作品名が並んでいる。勿体ぶらずに俺は言う。


「そうです、『』をやって行こうかと思います!」


 そうリスナーさん達に告げ、スマブラ---『大乱闘スマッシュブラザーズ』のタイトル画面を出す。これでリスんーさん達の方にも写り出されているだろう。


「皆さんの画面にもスマブラのタイトル画面出てますか?」


 一応確認。怖いから。


『出てる』

『大丈夫、心配するな』

『昨日の配信でも心配してた。優しい』

『滝さんは優男だから、当たり前よw』


 ちゃんと出来ていて安心。


「画面は良し。じゃあ音の方は大丈夫? うるさいなら音下げるけど」


 音量の設定はしてある。ある一定の音量を越そうとすると、自動的に音量を下げて、一定の音量を超えないようにするソフトを使っている。


 使っている理由? それは俺が叫ぶ実況者だから。ホラーやFPS、それに格ゲー。やられたりすると、無意識にさけんじゃうから使っている。


 じゃあ、叫ばなければ良いのでは? 無理だな、うん。だって無意識に叫んじゃうんだもん。


 まあ、設定云々は放っておいて、コメント欄で『大丈夫』の文字が多く流れているので


「じゃあ、スマブラ始めていきまーす!」


 ゲーム配信を始めていく。


「まずは少し練習させてください。というのも、最近スマブラやってなくて、最後にやったのが1ヶ月前ぐらい、確か。その時は配信とかじゃなくて、プライベートで通信対決して、まあ、その時も3ヶ月半くらいのブランクがあって最初の方はボコボコにされた」


 あの時のスマブラは屈辱的だった。通信対戦でかなり負けて、通信やめて、1人で2時間ぐらい#CP__コンピューター__#相手に練習。練習のおかげで、コンボとか復帰の技術が上がった。


『どれくらい練習するの』

『おけ』

『おけ』

『おけ』

『何使うのか気になる』

『キャラ何?』

『ボコボコw』


「最終的には良い感じの対戦できたから、そんな雑魚ってほどでもないと思う。それで練習時間は、30分くらい欲しいかな。そのあとはリスナーさん達と対戦したいんで、参加しても良いよという方は、11時40分ぐらいにルームを作りますので、ルームIDを入力して入ってきてください」


『おけ』

『おけ』

『おけ』

『おけ』


『おけ』の2文字がコメント欄を埋め尽くす。視聴者数は少しずつ増えていき、今は300人ちょい。このまま伸びて欲しい。


「じゃあ、練習しまーす。キャラについて聞いてくるコメントがなかなか多かったんで、言っちゃいます。隠すことないし」


 スマブラの『大乱闘』を押して、ルールはあらかじめ作っておいたモノをもう一度押し、場所はランダム。そしてキャラクター選択に進む。


「いつも使っているキャラはクッパ。たまにクラウドってな感じ」


 白い手のカーソルを動かし、クッパを選択。CPは何でも良いのでランダムにし、強さはレベルMAXにする。


 画面を横切る『ready-to-start』にカーソルを合わせ、Aボタンを押す。


 今から練習をスタートする。


 ーーー

 ーー

 ー


「いや、クッパの横B好きなんですよね、個人的に。あの掴みからの空中ボディプレス」


 練習を始めて25分。そろそろ勘を取り戻したと思うので、対戦をやって行こうと思う。


『クッパの道連れ攻撃』

『あれは道連れではない。ただの自殺』

『やられても復帰しようと思えばできる』

『横Bのループ』


「道連れやったな~。ループもCP相手にやったわ」


『やったんかw』

『草』

『草』


「あとは横Aのスライディングも好き」


 練習中、リスナーさん達とクッパ談義で盛り上がっていた。『クッパ一生独身説』や『実はマリオ好き説』とかで。今は『クッパの技何好き』で盛り上がっている。


「あのスライディング、距離長いから強いと思うんだよね。……ふぅ、じゃあそろそろ40分になるのでルームを作っていきたいと思います」


『待ってた』

『早よ早よ』

『はーい』


 CPとの練習を切り上げ、ルーム作りに入る。

 手を動かしながら、対戦のルールについて説明をしていく。


「ええ、これからルームとルールの説明をしていきます。まずはルームから」


 1つ、ルームには制限人数を設けます。入れなかった場合はすみません。制限人数は4人。

 2つ、1人1戦ずつ。終わり次第、ルームから抜けること。後の人のことを考えてくれるとありがたいです。

 3つ、配信中、全ての人と対戦することはできません。時間上の都合で。ご理解ください。


 と、まあ、こんな感じでルームの説明を終わらす。


 次にルールの説明。

 残機は2ずつで、アイテムはなし。場所は戦場のみのランダム。制限時間は2分。


 ルームとルールの説明を終え、最後に確認。


「多くの人と対戦していきたいので、よろしくお願いします」


『おけ』

『おけ』

『おけ』


「じゃあ、ルームのIDを公開しまーす」


 公開後、リスナーによるルーム入り争奪戦が始まる。争奪戦を勝ち抜いた4人に対戦権が渡される。そして、勝ち抜いた4人がルームへと入ってきた。


 チョビ丸、りんりん、4545さん、吾輩。この4人が俺の対戦相手。


「じゃあ、順番は入ってきた順でチョビ丸さん、りんりんさん」


 次の人は正直になんて呼べばいいのか分からない。そう言う時は、リスナーに聞けばなんとかなる。が、めんどいので。


「4545《シコシコ》さん、吾輩さんでやっていきましょう」


『草』『草』『草』『草』『草』『草』『草』『草』

『そのまま言ったw』


「え、これ読み方違った? いや、ネタでやってるのかと思ったから、そのまま読んだんだけど」


『あってると思うw』

『ネタw』

『草』


「4545さん、そんなんで俺が動揺するとか思ったら大間違いだから! 言ってたるよ、シコシコなんて何度も言ってやるよ!」


 どちらかと言うと下ネタは大好物な方なので、気にしない。どんどん言っちゃう。

 でも、やりすぎはいけないので、そのラインは超えないように気をつけてはいる。


「じゃあ、やっていきましょう!」


1戦目

「食らいやがれ、オラ! まだまだ終わらねーぞ!」

2戦目

「あ、掴まないで! ちょ、マジで痛い。痛い痛い痛い」

3戦目

「どうした、シコシコ! ピンク色のキャラクター使いやがって。いやらしいやつだな。炎でも食らえ」

4戦目

「あ、そのコンボエゲツない。あ、1機死んだ」


 あっという間に初めの4人が終わり、次の4人が入ってくる。そしてその4人も終わり、次々試合をして現在、

「48人が終わりました!」


 2時間30分かけて48人と戦った。勝率は、7対3で俺の方が勝っている。


 めちゃくちゃ嬉しい‼︎

 この調子であと何回か勝って、気持ちよく終わりにしよう。


 そう意気込んだのは良いが、次の対戦から俺は悪夢を見る羽目になる。


「じゃあ、次の人入ってきてください!」


 アイコンがキノコ、ドンキー、ソニック、ミズガメ。ちなみに俺はクッパなのだが、どのアイコンもクッパほどの迫力がない。


 クッパ、カッコいい!


「ええっと、順番はそうたさん、ホーホさんにカタツムリさん、みっちゃんさんでお願いします。では、そうたさん対戦よろしくお願いします。リングへどうぞ」


 そうたさんがリングに上がり、対戦が始まる。そうたさんのキャラはピーチ姫。


「ええい、ピーチ姫ごときがクッパに勝てると思ってんのか! マリオにいつも助けられてるやつが」


 対戦が開始してすぐさま、ピーチ姫目掛けて走る。

 炎のような遠距離攻撃よりも、横BやA攻撃のような近距離の方が攻撃が多く入るからだ。

 一方、ピーチ姫は飛び道具で対抗してくる。カブを投げてきた。


「カブ、ウザいな。ってかさ、なんでピーチ姫、カブなんか投げてんの? ピーチ姫とカブってなんか設定あったっけ? リスナーさん達、知ってる?」


『カブが好きだから』

『キノコよりカブの方が好きだから』


「キノコ王国なのにカブが好きとか。キノピオかわいそう」


 対戦は話しながらでも進む。


 カードしながら近づき、クッパの横蹴りを放つ。ピーチ姫はキノピオを盾に使い蹴りを防いだ。


「キノピオガード。……これって雇用条件に入ってんのかな?」


 ふとした疑問。ピーチ姫との対戦のたびに使われるキノピオガード。

 身を挺してピーチ姫を守るキノピオの姿は、可哀想に思える。


「キノピオって衛兵だっけ?」


『雇用条件は草』

『衛兵じゃないの?』

『違くね』

『住民』


「住民! あはははは、やばいな! それ本当? 本当だったら、結構やばくない。姫さま、住民を盾にしちゃってるじゃん!」


 キノコ王国のことを想像したら、ちょっとツボる。住民全員キノピオで、全員ピーチ姫の盾。


 ダメだ。笑っちゃう。


『じゃあ、住民全員盾説』

 

 笑いを堪えていたのに、書き込みを見て吹く。


「あはははははははは! じゅ、住人。全員とか。あはははははは」


 目に涙が溜まり、視界がぼやける。戦いに集中できない。


「待って、ちょっと待って、そうたさん。笑い止まらん!」


 そう言うがピーチ姫のコンボをくらいクッパ一機死亡。


『ピーチの逆襲』

『ピーチの怒り』


「いつも誘拐されてるからかな、ピーチ姫怒んないでよ」


 だいぶ息が整ってきた。まだ一機残ってるし、大丈夫大丈夫。


「さて、ピーチの残機減らしますか!」


 息巻いていたのがいいが、ものの数十秒でリングアウト。


「…………」


 なんもいえない。


『ピーチ、相当おこだな』

『えげつないコンボ』

『クッパ死亡』

『やられてて草』

『草』

『草』


 コメント欄に『やられてて草』とか書かれているが気にしない。


 気を取り直して、


「次行こう!」


 次の対戦相手のキャラは--


「よし。違う人がピーチ姫操作してるけど、復讐だ。さっきのお返ししてやる」


 クッパ対ピーチ姫、2戦目。


「おらくらえ! スライディングでぶっと、ッ! ガードすんじゃね」


「燃え滓にしてくれる! どうだ、これがクッパ様の、カブ投げんな!」


「あっ! ちょっと待って、そのコンボさっき食らった。痛いからやめ、やめでぇぇぇぇぇぇぇ‼︎」


『ピーチ姫の逆襲』

『ピーチ姫うますぎ』

『ピーチ姫流石』

『ピーチ姫良くやった!』

『クッパ様の力w』

『クッパ様とか草』

『クッパ雑魚』

『ピーチ姫の残機ぐらいは減らしな』 


 リスナーさん達、なぜピーチ姫を褒め称える。アンチか、アンチなのか? ブロック案件か、ブロック案件か?


 …… 落ち着け、落ち着け俺。 大丈夫、大丈夫だから。行けるから、倒せるから、ピーチ姫なんか。


「クソピーチが、調子に乗るなよ!」


 その後、ピーチ姫の残機減らしたものの、ダメージ量が120を超えており、リングに戻ってきたピーチ姫にぶっ飛ばされる。


『復讐失敗』

『ピーチ姫に2連敗』

『もう誘拐できないw』

『マリオいらない』

『草』『草』『草』『草』


 いや、マジでピーチ姫がこんなに強かったら、マリオいらんし、クッパ自身誘拐とか考えない。


「ピーチ姫がこんなに強いなら、キノピオを盾に使うの止めろよな。キノピオがかわいそう」


『キノピオは盾』

『盾以外の使い道なし』


 キノピオ好きが、このコメント見たら、コメント欄荒れそう。


「ええ、皆さん。キノピオの誹謗中傷はお辞め下さい。キノピオは盾ではなく住人です、キノコ王国の。悪いのは、キノピオを盾として使っているピーチ姫ですので、そこんところよろしくお願いします」


 キノピオがかわいそうなので、矛先をピーチ姫へと向ける。


「じゃあ次の方どうぞ」


 キャラ選択をして、決定。


 もちろん、クッパ。これが一番使いやすい。


「さあて、次の人は何を使うのかな!」


 クッパ対ピーチ姫。


「はあああああああああ! またこいつとかよ‼︎」


 発狂したせいで、コメント欄には『うるさい』の文字が流れ続ける。


「ピーチ姫、やだ。嫌い。ブス」


『暴言が小学生』

『語彙力低下中』

『ピーチ姫が勝つ』


「おい、今ピーチ姫が勝つって打ち込んだやつ誰だよ。勝つのは俺だから!」


 ピーチ姫との3戦目。先制攻撃はクッパのスライディング。ダメージ量はあまりないので、吹っ飛ばない。が、追撃出る。


「食らえ、ボディープレス! からの甲羅攻撃!」


 順調にダメージ量を増やしていく。こちらはまだ1ダメージも喰らっていない。


「ピーチ姫、さっきはよくもやってくれたな! 今度こそ復讐だ。泣いても許さねぇ」


 カブを投げてくるも、タイミング良くガード。炎攻撃で地味にダメージ量を稼いでいく。


「おいおい、マリオ呼ばなくて平気かい? このままだとピーチ姫負けるぞ!」


『マリオ呼んでこい』

『このピーチ姫負けるぞ!』

『クッパやっと復讐を遂行できる』


「おらおら、どうした!」

 

 23とダメージを貰いつつも、ピーチ姫の残機を1つ潰す。


「見たか! これがクッパ様だ!」


『よ、クッパ様』

『クッパ様、最強』

『ピーチ姫負けるぞ!」


 これは勝てる。そんな手応えがある。


 復帰したピーチ姫を待ち構え、全神経を指に込める。これは落とせない戦い。これに勝てば、ピーチ姫に念願の復讐ができる。


 復帰したピーチ姫がリングに降りてくる。そう、俺はここで畳み掛け、


「ここで畳み掛け、あっ、ちょ、まっ、はああああ‼︎」


 畳み掛けようとしたはずのクッパが、ピーチ姫にスマッシュされる。しかも、1ダメージも与えることなく、だ。


『おっ?』

『雲行きが』

『これは?』


 リングアウトした瞬間に、ピーチ姫はポーズを取る。2回も。あきらかに挑発行為。


「煽ってくんじゃね、ピーチ姫如きが!」


『そのピーチ姫にやられるクッパ』

『煽られてて草』

『負けたな草』

『草』『草』『草』『草』


「まだ負けてねぇ。これからが勝負だし」


 復帰後の無敵時間でピーチ姫にダメージを入れようとするが、ガードし、攻撃が阻まれる。


「いもんな! 引きこもるな!」


 そう言った直後、無敵時間は切れ、ピーチ姫の怒涛の攻撃コンボがクッパを襲う。


「ごめんなさい、ごめんなさい! いもってていいから、引きこもってていいから、攻撃やめて!」


 対戦相手はリスナーさん、この配信を見ながらやっているのだろう、コンボが途切れる。


「ひぃ、ひぃ。……死ぬ。ダメージ量がヤバい」


 ピーチ姫のダメージ量は12と低め。対してクッパは怒涛の攻撃コンボで78と割と高め。コンボが止まなかったら、100以上のダメージ量を貰っていたか、リングアウトで死んでいたか、だ。


『もうダメだ』

『また負けた』

『3連敗』


「まだ分からん、まだ分からん。そのまま、いもっててください」


 ガードしてるリスナーさんに向けて攻撃を仕掛けていく。


 しかし、リスナーさんの方がプレイ技術が上のようでステージの上下うえしたへと逃げていく。


「逃げんな、待て」


 制限時間が刻一刻と迫っていく。


 追いかけ攻撃するも、リスナーさんはガードし逃げていく。


 そして、時間になる。


 タイムオーバー。


 残機は同じだが、ダメージ量が違う。圧倒的、俺の方が多い。


 コメント欄は見るまでもなく、


『3連敗』

『3連敗』

『3連敗』

『草』『草』『草』


 俺の負けを称え、『3連敗』の三文字と『草』の一文字で埋め尽くされる。


 逃げられた。そして負けた。


「ああああああああああ」


 コントローラーを投げたい気持ちに駆られる。しかし、配信者。そんなことはしたくない。したくはないのだが、


 がしゃん。


「…………」


『‼︎』

『‼︎』

『‼︎』


「はあぁぁぁ。悔しぃぃぃぃ」


 配信を見ているリスナーさんには、俺の声が遠くから聞こえて来ているに違いない。

 だって、今コントローラー取りに行って、席から離れているんだもん。


 リスナーさん達も声が遠くから聞こえてくる理由に察する。


『あと1人残ってる』

『勝てるよ、滝さん』

『さっきの試合は惜しかった』

『次勝てるな』


 優しいリスナーさん達に優しい言葉をかけられる。


 めちゃくちゃ嬉しい。めちゃくちゃ嬉しいのだが、苛立ちは消えない。


「最後の対戦相手、ギッタンギッタンのボコボコにしてやる」


 早く対戦したい。この怒りあのピーチ姫にぶつけたい。


 ん? 相手のキャラクターはピーチ姫か、って?


 絶対そうだね。だって、基本リスナーさん達はノリがいいもの。

 こういう時は必ず俺を使って面白いことするもん。


 そんな事を思いながらクッパを選択していく。最後のリスナーさんも選択が終わったようで、対戦が始まる。


 クッパ対ピーチ姫。本日4戦目。0勝3敗中。


「やっぱりね。来ると思ったよ。予想できちゃってんもん」


『まあこうなるわな』

『予想できる』

『4戦目もピーチで草』


「はああ」と溜息を吐き、コントローラーを握る。今度こそは、今度こそは、と願い、深呼吸。


「よっしゃ、かかってきなさい」


 結果から言うと、こいつが一番強かった。ピーチ姫歴代最強ってなぐらい強かった。


 残機を一つ削るどころか、相手のダメージ量は30もいかなかった。


『4連敗』

『こいつ強!』

『滝弱』


 リスナーさん達にそんなこと言われて悔しい。悔しいが致し方ない。だって、4連敗だもの。


「ええ、開始から2時間と45分経ちました。本来ならまだ配信を続けているところですが、ピーチ姫に4連敗したという事実が受け止められないので、今日はここまでにしたいと思います」


『受け入れろ』

『仕方ない』

『クッパ負け』


「ええ、ご視聴ありがとうございました。また明日配信をしていきたいと思うので、よろしければ見に来てください。配信はアーカイブの方に残しておくので、また見ていだだければ幸いです」


 リスナーさん達のコメントを無視しようかと思ったが、『明日何やるの?』と質問を受けたので、それだけは答えとく。


「明日の予定を聞かれたので答えときます。明日の23時の配信は、まだ未定です。何をするかは、明日の20時ごろに通知を送ろうと思います。それでは皆さん、また明日。ばいちゃ」


 そして配信を切る。


 ふぅ、と小さく溜息。引き出しの中からタバコを取り出して、一服。


「スゥ、ハァー」


 配信後は必ず一服をする。一服するのに大した時間はかからない。

 一服を終え、歯磨きをし、就寝。


 頭の中で今日の配信を思い返して、思うことがある。


「ピーチ姫うぜぇぇ」



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます