ゲーム配信は楽しまないと!

九月 生

どうも、ゲーム配信の滝でーす。

埼玉県のマンションの一室

 

 23時ごろ、部屋の明かりを少し暗くして、椅子に腰掛け、目の前の机に近づく。


 机の上には大きめのモニターと小さなモニター、そしてマイクが置いてある。


 机の下にはWi-Fiのルーターと少し奮発して買った高いデスクトップが置かれており、椅子の足がぶつからないように細心の注意をはらう。


 男は夜中に、深呼吸しながら両モニターの電源をつけ、ある準備を進めている。進めていると、机にキーボードがないことに気がついた。 


「あれ? 昨日使ってどこにやった?」


 男ーー滝田遼平は周囲を見渡し、昨日、いや正確に言えば、を思い出す。


 昨日のこの時間、遼平は今日と同じように座り、同じようにモニターをつけ、今からやる事をやっていたのだ。


 それが終わったのは、今朝の5時である。今朝5時までは、この机にあったのだ。


 今朝なら覚えているだろう、普通なら。しかし、今朝5時のその時間の遼平は睡魔に襲われ、極限の状態。自分がどうやって布団の中に入ったのすら覚えていないのだ。

 覚えているのは、配信を終わらせたところまで、である。


「うーん。あるとしたら、、、、ここか?」


 机の脇に設置した大きめの引き出しを開けると中には、お馴染みのキーボードとマウスが綺麗に片付けられていた。


「さすが、俺。ちゃんと片してる」


 引き出しからキーボードとマウスを取り出し、目の前に設置する。


 設置したキーボードを軽く叩き、大きなモニターに文字が入力できているか確認し、マウスを動かしてないか見てみる。


「オーケイ、オーケイ! じゃあ大丈夫かな、やって」


 両方共無事確認が終わり、準備が完了。

 

 もう一度深呼吸をし、そして、



 を始める




「どうも。今日もゲーム配信! 配信者はお馴染みTakiチャンネルの滝です!」




 そう、滝田遼平はゲーム実況者なのである。

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます