第20話ジェシカとアクアとアル

俺は家族みんなに、戦闘に参加した事を報告した後、アクアを交えて夕食を食べた。


アクアはご飯は食べられない事はないが俺の魔力の方が美味しいといい食べていない。

もちろん俺とアクアの席は隣同士。


そんな姿を見てジェシカ姉さんはさっきからずっと不機嫌そうにご飯を食べている。


「おねーちゃんのことよりも他の女なの!?ありえないわっ!パクッ、パクッ」


そんな言葉を聞いて、やはり父さんであるジャックは少し悲しそうにご飯を食べていた。


それを見ていた母さんは父さんを宥める。


「あなた、もしかして息子に嫉妬してるの?情けないわねぇ~、私がいるからいいじゃない、ね?」



「そうだな、ありがとうスーザン」


「分かってくれるならいいのよ?ジャック!」


「スーザン!」



おいおい、夕食の席でも、イチャイチャかよ。

本当に戦闘があったのかと疑ってしまう。


まあ、でも水を差すのも悪いしね。今回はこのまま継続させておいてあげよう。








そうして数時間後、俺は2人の美少女に挟まれながらベッドに寝転んでいた。



なんで?ジェシカ姉さんは分かるけど、なんでアクアが横に寝ているんだ?



時は数十分前に遡る。



俺はジェシカ姉さんに私の部屋に来てと言われたので来た。


俺の後ろにいたアクアをみるや否や、姉さんはアクアに決闘を持ち込んだ。


その内容とは


俺を寝かすこと。



…………………。いや、そんなの無理だロォ!?精神年齢20歳越えの俺が美少女2人に挟まれておねんねするとか無理だロォ!いや無茶苦茶夢あるけどさぁ!でも、このチャンスを逃したら俺の夢が消え失せてしまうかもしれない。


俺はこの世界に来てから夢、というか目標があった。


簡単に並べてみるとこうだ。


・魔法を使って魔物を討伐して、崇められたい


・美少女とハーレムを作って結婚したい


・チートでびっくりさせてみたい


・冒険者になってみたい


・独立した貴族になりたい


・兄姉と仲良くしたい


今思いつくので大体こんな感じかな?


まあ、ほとんどラノベの知識からなんだけどね。

で、この兄姉と仲良くしたいっていうのは絶対に外せない。家族を大切にしないと後悔しちゃうからね。



まあ、そんな事もあって俺は家族の願いをできるだけ叶えたい。




姉さんは俺を寝かす事をアクアに言った。


アクアはウンウンとうなづく。



そうして、俺の合意のもとで姉さんとアクアは俺を寝かせようとした。




そうして今に至る。



ちなみにアクアの周りにあった水滴は現在見当たらない。一体どんな生態なのだろうか。



「ねえ、アル?おねーちゃんのこと好き?」


「大好きだよ!」


「じゃあおねーちゃんの方にもっと寄ってきて?」


「分かった!」


異世界、ありがとう!



そうして姉さんの方に少しずつ寄っていく。

しかし、直後俺は硬直してしまった。


姉さんはネグリジェを着ていて所々危なっかしいところがある。それにドキりとしてしまった。


なるべくみないようにしないとな…。


「どうしたの?アル。ほらもっと寄っておいで?」


「う、うんっ!」


もうどうにでもなってしまえ。


そうして俺は目を瞑りながら姉さんの方に寄って行った。

姉さんは俺の右腕に手を絡めてきた。


俺は姉さんのその行動にびっくりして目を開けて姉さんを見た。


鼻血を出して、静かに寝息を立てていた。



「ど、どうしよう!?」


その時だった。


『私が治してあげるの』


アクアはみるみるうちに姉さんの鼻血を止めた。


っ!?どういうことだ?水の精霊は人を癒すことが出来るのか?


「アクア、水の精霊は癒すことが出来るのか?」


『出来るの。水の大精霊の私にとってはこんなの朝飯前なの!』


「そ、そうか」


水の精霊が傷を癒せるのは初めて知った。覚えておこう。



「姉さんも寝た事だし、寝るか」


そういうとアクアは俺の左腕に手を絡めて俺に言った。


『私もアルと寝たいの。魔力が美味しいの』


そんな笑顔で言われたら嬉しいに決まってるじゃないか。


「そうか、それじゃお休み」


『お休みなの』



とは言ったものの、そう簡単に寝られるはずもなく、夜は更けていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます