第30話 2人っきりでデートがしたい

 衣織と付き合い始めてからしばらく経つが、僕はまだ衣織と2人っきりでデートしたことがない。告白の時もなんやかんやで皆んなと合流した。そろそろ2人っきりでデートしたい。2人っきりでイチャラブしたい。


 今日の帰り道でデートに誘う、そう意気込んだのだが……。


 誘うって思った瞬間から時間が早送りになる。早く切り出さないと今日誘えなくなる。


 どうする……明日に持ち越すか……でも、衣織にも予定がある。時間をおけば週末の予定が抑えにくくなるかもしれない。


 カムバック勇気。


「ね、ねえ鳴」


 これはチャンス衣織からきっかけを作ってくれた。


「は、はい」


「今週の日曜なにしてる?」


 何……これはまさか!?


「デートしたいです! 今週の日曜、衣織とデートしたいです!」


 フライング気味だったがデートをアピールした。


「え」


 いきなりのアプローチに戸惑いながらも頬を赤らめる衣織。


「うん、いいよ」


 なに、この初々しさ。可愛い。


 棚ぼた的に僕は、衣織とのデートにこぎつけた。




 ——しかし、その夜から僕の苦悩は始まった。


 ……デートプランが思いつかない。


 デートって何をすればいいのだろうか。


 待ち合わせして、ご飯を一緒に食べて、ショッピングして、映画?


 ていうか、僕にそんな軍資金はあるのか?


 どうしようどうしようどうしよう。


 そうだ! こんな時こそネットの力で解決だ!


 検索で『デート 定番』と調べるも、僕でも思いつくようなド定番のものしか出てこない。


 どれもこれも高校生の僕にはきつい予算感だ。


 これは誰かに相談するしか……。


 デートの相談ができる相手って誰だ……ってそもそも僕にはユッキーしか友達はいない。そのユッキーも彼女がいるなんて浮いた話は聞いたことがない。


 となると……結衣さん!?


 そうだ、結衣さんなら衣織さんと同じ学年だしきっと好みも近いはずだ。


 って、結衣さんに相談したら、また皆んなで乱入されて2人きりになれないかもしれない。


 夜通しそんなことを考えて眠れぬ夜を過ごした僕だった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る