第19話 告白……

 2年生の校舎なんてはじめてだ。そんな、はじめて訪問する上級生の校舎で告白しようとしているのだから、僕もなかなかのキワモノだ。


 ここでも容赦なく刺すような視線に襲われたが、僕は周りには目もくれず、衣織さんの教室を目指した。


「鳴——」


 僕を呼び止める声は、結衣さんだった。


「聞いたよ、今朝は凄かったらしいね」


 ニタニタする結衣さん。まあ僕でもそうなる。


「どうしたの? こんなところで」


「衣織さんに会いに来ました」


「おや……もしかして……今朝の続き?」


「はい」


『『お——!』』


 2年生の皆さんも聞き耳を立てていたようで、周りがザワつきはじめた。


「いい顔してるね! ウチが案内してあげようか?」


「はい、ありがとうございます」


 僕の進む後ろに人だかりができる。かなりの数のギャラリーだ。


 僕は、ほんの少しだけ後悔した。


 勢いに任せてここまで来たはいいものの、こんな大騒ぎになるのは流石に想定外だった。


「衣織はね、そこの教室だよ」


 いよいよ、衣織さんの教室だ。緊張がヤバい。


「どうする鳴? 呼んできてあげようか?」


「いえ大丈夫です。自分でいきます」


「そっかそっか」


 自分で決めたことだ。


 衣織さんの教室に入ろうと覚悟を決めたその時。


「あれ、鳴どうしたの?」


 ばったり衣織さんと鉢合わせした。かえって好都合だ心の準備は出来ている。


「あの、衣織……たいせ「あ、ごめん後にしてくれない?」」


「え」


「もうすぐ授業だし、用があるなら昼休みでいい?」


「そんなに時間はとらせないけど……」


「ごめん、急いでるから、また昼休みにね!」


 衣織さんは足早にその場を立ち去ってしまった。


 ——「えっと……なんというかアレなんだろうね」


 アレってなんだ?


「アレって?」


「聞いちゃダメだよ」


 もしかして、お手洗い?


 聞いちゃダメということで、これ以上の詮索はやめた。


「鳴……どんまい」


「ありがとうございます……」


 相当な覚悟をもってやってきた。


 でも、僕の人生初の劇的な行動は、盛大な肩透かしで終わった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る