矢田君、後輩に種を巻く

作者 富升針清

どう転ぶのか、最後まで目が離せない

  • ★★★ Excellent!!!

個人的にとても好きな展開でした。

不安、という言葉について語るところから始まる物語は、男二人の会話劇に。
人の良い矢田先輩の嘆きと、それをじっと聞く池田。
彼女が欲しいからはじまった嘆きは、どんどん別の方向へ進んでいって?
話は、池田に悪魔と呼ばれる伊吹先輩のところへ。

さてさてどうなる? 最後まで目が離せない展開。
みなさんぜひご一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

篠騎シオンさんの他のおすすめレビュー 132