友達としかみられない

ルン

序章 そして彼女はいなくなった

0-1 そして彼女はいなくなった

 思い出とは――ただの過去。

 今日でも、ましてや明日でもない。永遠に届かぬ夢幻。

 いくら思い出そうとも、いくら浸ろうとも、何も変わったりしないのだ。


「……ごめんね。友達としかみられない」


 もう靄がかかって曖昧にしか覚えていない彼女の顔が、この時ばかりはハッキリと悲しい表情を見せる。

 全てを過去にする万能の時間の波も、たった4年ではこの記憶を風化させるにはまだ年月が足りないらしい。

 記憶の中で苦笑いを浮かべる君は、この時何を思っていたのか。

 残された事実は、この時から俺の中の歯車は止まってしまったということだけだ。

 『友達としかみられない』、この言葉がこびりついて離れない。

 歯車が再び動き出すときは、果たして訪れるのだろうか……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る